閉じる
閉じる
閉じる
  1. 経営者の価値観と従業員の価値観
  2. トニー・ブザン先生ありがとうございました。
  3. 公園でこんな光景を見てしまった
  4. 子どもの作品展示会から感じたこと
  5. モデリング講座
  6. ベストセラー作家の大岩さんとお茶してきました
  7. 受講生さんへのフィードバック
  8. インプットとアウトプットと・・そして・・・
  9. U理論ワークショップに参加してきます
  10. 社員の能力をひきあげる指導 伊那食品工業の見学より
閉じる

学び続ける大人のためのブログ

マインドマップは発散のためのツール?

ファシリテーションを実践している人によく聞かれます。

「マインドマップって、発散のためのツールですよね。」

質問というか、どちらかというと確認のような感じで
聞かれる。

はい、発散のためのツールです。

しかし、収束のためのツールでもあります。

そして、収束のプロセスでマインドマップを使う時こそ、
マインドマップの奥深さに気づかされます。

そしてさらに、収束においてマインドマップを使うことで、
私達の頭の素晴らしさについて、より気づかされます。

よく、公認のインストラクターではない方が、
マインドマップの描き方講座を
開催しているとうい話しを聞きます。
(法的には少し問題です:注参照)

えっと、法的なことよりも、一番の問題は、
そのような講座で時々、
マインドマップを、ただの発散のツールとして、
伝えてしまっていることが残念でなりません。

というか、それではもったいない。

私達の大脳に眠っている能力のほんの少ししか、
使うことができません。

マインドマップについて、本で勉強したり、
公認でない人に教えてもらったり、
あるいは、公認インストラクターに教えてもらったり・・・

どこで、どのように学ぶかは人それぞれですが、
どうか、収束にマインドマップを使うことの楽しさを
感じていただきたいと思います。

ブザン公認マインドマップインストラクター 杉浦

注:法的にはすごく問題で、よくないことだと思うのですが、
まあ、おそらく、開催されている方はそういう、法的なことを
知らないのでしょうし、
よかれと思って、安い価格でお教えしているのだと思います。

ただ、僕の浅はかな知識ですが、
マインドマップという登録商標を使って集客していると、
商標権の侵害になり、
500万以下(だったかな?)の罰金になりますので、
十分注意してください。

関連記事

  1. 桑名での研修を終えて・・・

  2. 東京での講座

  3. 山奥で価値創造のための合宿 その1

  4. 将来を見通す力をつけるには?

  5. 一流の技をモデリング(料理編)

  6. 「私ひとりでトイレ行けたよ!」 と喜ぶ女性の話 1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る