閉じる
閉じる
閉じる
  1. 経営者の価値観と従業員の価値観
  2. トニー・ブザン先生ありがとうございました。
  3. 公園でこんな光景を見てしまった
  4. 子どもの作品展示会から感じたこと
  5. モデリング講座
  6. ベストセラー作家の大岩さんとお茶してきました
  7. 受講生さんへのフィードバック
  8. インプットとアウトプットと・・そして・・・
  9. U理論ワークショップに参加してきます
  10. 社員の能力をひきあげる指導 伊那食品工業の見学より
閉じる

学び続ける大人のためのブログ

「やればできる」の研究

「やればできる」の研究  キャロル S.ドゥエック  著

モチベーション3.0 (持続する「やる気!」をいかに引き出すか)
の中で、
ダニエル・ピンク氏も薦めている書籍です。

日本中の教育に関わる人(社員教育も含む)、
子を持つ親、
人の指導法について、まともに学んだことがなく、
自己流で指導をしている人。

 

そのような方々に読んでいただきたい本。

モチベーション3.0で、
ダニエル・ピンク氏も推薦しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
女子ゴルファーのミェル・ウィーは、若い頃、
一流の男子プレーヤーが集まるPGAツアーなどに
エントリーした。

多くのものは、自信を失うだけだからと彼女をとめた。
彼らは、”惨敗を繰り返すと自信を失うかもしれない、
立ち直ることができなくなるかもしれない”と彼女を止めた。

しかし、ミシェル・ウィーは、
彼らの意見を聞き入れなかった。

なぜならば、彼女は自信をつけるためではなく、
そして、勝つためにPGAツアーへエントリーしたわけではない。

彼女がのぞんでいたのは、
勝つことではなく、学習体験だった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

正しい答えを出すことに慣れている人。
正しい答えを出さないといけないと思いこんでいる人。
結果にばかり目が向いてしまう人。

そのような方にはオススメです。

私はこの本を読んだことで、
物事にチャレンジしやすくなりました。

喜びや数字、賞賛などが結果から得られるが、
学びの99パーセントは、結果以外から得られる  by  杉浦

 

関連記事

  1. 世界水準のメソッドを使ったコーチング

  2. 「仕事だからやりなさい」と言えば、人は動くのか?

  3. 東京での研修を終えて

  4. ひとつ、こだわりを伝える

  5. 問題解決の最も簡単な方法

  6. ②動きたくなるイメージを作り上げて行動を加速させる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

ページ上部へ戻る