閉じる
閉じる
閉じる
  1. 経営者の価値観と従業員の価値観
  2. トニー・ブザン先生ありがとうございました。
  3. 公園でこんな光景を見てしまった
  4. 子どもの作品展示会から感じたこと
  5. モデリング講座
  6. ベストセラー作家の大岩さんとお茶してきました
  7. 受講生さんへのフィードバック
  8. インプットとアウトプットと・・そして・・・
  9. U理論ワークショップに参加してきます
  10. 社員の能力をひきあげる指導 伊那食品工業の見学より
閉じる

学び続ける大人のためのブログ

フォトリーディングとマインドマップについて

BlogPaint

 

 

 

読書録としてのマインドマップのコツは?

本日は、フォトリーダーでもあり、マインドマップアドバイザーでもある
大岩さん主催の読書会に参加しました。

フォトリーディングのステップに基づいて進めていき、
活性化のところでマインドマップを書きました。

与えられた時間は40分。

私は、15分くらいで終えて、ぶらぶらとしていました。

そこで、隣に座っていた方からご質問を受けましたので、
その時に回答した内容をシェアーしておきます。

疑問:「マインドマップを書いているうちに、もっとまとめたいという
欲求がわいてくるのですが、どうしたらよいか?」

回答:
欲求がわいてくること自体すばらしいことだと思いますが、
短時間で得たい情報を処理するためには、
その欲求をぐっとこらえる必要があります。

そのため私は、40分の時間を与えられても、
15分で終えようと思いました。
すべてを知りたいという自分の欲求を無理にでも抑えるためには、
本から手を離した方がよいと思うからです。

また、マインドマップにまとめるのであれば、
目的の設定が大変重要になってきます。

なんとなくセントラル・イメージを書いてあるように
見えるかもしれませんが、
このイメージを書く前に、

頭の中で、
この本から得たい情報を掴んだ後の自分の姿を
しっかりとイメージをしてから、
セントラル・イメージを書きました。

そうすることで、自分にとって必要な情報や、
情報を得た後のプランについて、
自分の集中力をコントロールできます。

ここまでやってはじめて、目的を設定できたことになります。

読書のみに目を向けると、知りたいことがたくさんでてくる
かもしれません。
しかし、読書は私たちの人生のほんの一部に過ぎません。
(私はそう思っています。)
*ご自分の人生プランについて客観的に眺めたいという方には、
GTDをお勧めします。

読書にそんなに多くの時間を割いていられません。

フォトリーディングをマスターしたい方や、
マインドマップを読書録として利用したい方は、
目的の設定の質をあげていくことが
習得へのひとつの方法だと思います。

杉浦

関連記事

  1. マインドマップの楽しみ方とは?

  2. 他者理解のマインドマップ(マインドマップ活用法)

  3. マインドマップアドバイザー講座 勉強会

  4. マインドマップ関係の講座や勉強会のお知らせです。

  5. アドバイザー講座 第Ⅱ期生 講座はじまりました。

  6. マインドマップアドバイザー講座に対する質問

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

ページ上部へ戻る