閉じる
閉じる
閉じる
  1. 経営者の価値観と従業員の価値観
  2. トニー・ブザン先生ありがとうございました。
  3. 公園でこんな光景を見てしまった
  4. 子どもの作品展示会から感じたこと
  5. モデリング講座
  6. ベストセラー作家の大岩さんとお茶してきました
  7. 受講生さんへのフィードバック
  8. インプットとアウトプットと・・そして・・・
  9. U理論ワークショップに参加してきます
  10. 社員の能力をひきあげる指導 伊那食品工業の見学より
閉じる

学び続ける大人のためのブログ

マインドマップを書き続けるコツ?

494d16bc.jpg

毎日マインドマップを数枚書いています。
時には10枚以上書く日もあります。

ということを言うと驚かれることがある。

口には出さないものの、
かなりのマインドマップオタクなのか、
あるいは、暇な人だと思われているような気がする。

でも、マッパー(あらゆることにマインドマップを活用している人たち)からすると、
普段のメモの仕方がマインドマップに変わったに過ぎない。

つまり、今まで書いていた TO DO や日記をマインドマップ形式に
なったに過ぎない。

お客さんにヒアリングする時もマインドマップ。
電話しながら、メモとしてマインドマップ。
ミーティング内容をマインドマップで整理。
寝る前の日記をマインドマップ。
ちょっとしたアイデアを忘れないためのメモもマインドマップ。

繰り返しますが、今まで箇条書きで書いていたメモが
マインドマップになったに過ぎません。

ただ、紙の上に書き出すこと、
頭の中ではなく、紙の上で考えることのメリットを
感じてからは、
どんなことでも、紙に書く習慣がついた気がしています。
そのせいか、マインドマップを書く枚数がどんどん、
増えていっている気がしています。

マインドマップでなくても、
頭の中だけで考えるよりは、紙の上で考えたほうが、
アイデアが浮かびやすくなります。
これは、脳の機能の面から言えば当たり前のことです。
(完全な空想のみの場合は別かもしれない)

ついつい頭の中で考えてしまう方、
机に向かう習慣がない方は、
まず、どんなことでもよいので、
紙に書く習慣をつけることが(マインドマップでなくても)
マインドマップを続けていくためのコツかもしれません。

ちなみに、写真は書きかけの日記です。

ブザン公認マインドマップインストラクター 杉浦

関連記事

  1. マインドマップとは、脳の機能を意識的に使うということ

  2. 名古屋マインドマップ普及会vol.4 『目標設定&行動しよう!』…

  3. ザ・マインドマップ(マインドマップ超入門)

  4. 変態の教えに従い、掃除してみた

  5. マインドマップ勉強会(アドバイザー講座)

  6. 自己開示

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

ページ上部へ戻る