閉じる
閉じる
閉じる
  1. 経営者の価値観と従業員の価値観
  2. トニー・ブザン先生ありがとうございました。
  3. 公園でこんな光景を見てしまった
  4. 子どもの作品展示会から感じたこと
  5. モデリング講座
  6. ベストセラー作家の大岩さんとお茶してきました
  7. 受講生さんへのフィードバック
  8. インプットとアウトプットと・・そして・・・
  9. U理論ワークショップに参加してきます
  10. 社員の能力をひきあげる指導 伊那食品工業の見学より
閉じる

学び続ける大人のためのブログ

マインドマップでコーチング

セルフコーチング

マインドマップ活用法

マインドマップでセルフコーチング。

①マインドマップを見ていただければわかりますが、
精神(心)、肉体(体)、金銭、人間関係・・・

などのブランチをだします。

②そして、ブランチを利用して0~10段階で
スケーリング。

最もよい状態を10
最も悪い状態を0

とした場合、今どれくらいのレベルなのか?
直感で構いません。
*ここでは、今現在の自分自身に目を向けることが
ポイントになります。

③次に、現在の精神状態が“4”だとした場合、

プラスの理由:なぜ“4なのか?”
マイナスの理由:残り“6”なのはなぜか?

を、マインドマップで探っていきます。

この際必ずプラスの理由から探すことにします。

④次に、今の状態をあと1点増やすために、何ができるかを
マインドマップで考えます。

ここで、10点満点を目指す必要はありません。
できること、やり方がわかることに焦点をしぼって、
1点増やすための解決策を考えます。
(コーチングでいう、スモールステップのことです。)

ここまでのことは、コーチング関係の書籍にのっていると
思いますが、

マインドマップを使うことで、コーチングをしやすくなります。
また、ブランチを利用してスケーリングするのが
楽しいので、私はいろいろな場面で活用しています。

以下、プライベートモードは杉浦の基礎講座を受講された方のみに、
もう少しつっこんだ内容をお伝えしております。

続きを読みたい方、もっと詳しいことを知りたい方は、

お名前(フルネーム)をメールでお教えください。

あて先は、講座受講後に私がお送りしている
メールアドレスにお送りください。

関連記事

  1. マインドマップを書く準備

  2. 劇の台本のマインドマップ

  3. もくはしふの法則 く

  4. マインドマップアドバイザー講座 5期始まる

  5. 無料書籍 マインドマップ超活用術

  6. マインドマップの楽しみ方とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

ページ上部へ戻る