閉じる
閉じる
閉じる
  1. 経営者の価値観と従業員の価値観
  2. トニー・ブザン先生ありがとうございました。
  3. 公園でこんな光景を見てしまった
  4. 子どもの作品展示会から感じたこと
  5. モデリング講座
  6. ベストセラー作家の大岩さんとお茶してきました
  7. 受講生さんへのフィードバック
  8. インプットとアウトプットと・・そして・・・
  9. U理論ワークショップに参加してきます
  10. 社員の能力をひきあげる指導 伊那食品工業の見学より
閉じる

学び続ける大人のためのブログ

楽しさって何?

久しぶりに自分自身に“問い”を投げかけてみました。
*以下、杉浦の独り言です。

楽しさって何だろう?

ふと、そんなことを思ってマインドマップを書いてみた。

ある言葉に対して、自分の中で
どのような捉え方をしているのか?
自分はどのような時に楽しさ、楽しい
といった言葉を使っているのか?

そういったことを探るのにマインドマップは
適している。

例えば、セミナーを受講したり本を読む場合を
考えてみた。

例えばマインドマップの講座。
難しいことは何もない。
講座では理論をちゃんとお伝えしているけれど、
理論なんか知らなくても、
子供でもマインドマップを書くことはできる。

というか、大人が子供のように楽しめる。

そんな楽しさもある。
自分にとっては、無邪気に楽しめるのが
マインドマップの講座かなという気がした。
ということで、子供心に戻ることができる楽しさというものがある。

他にも、NLP関連の本、心理関係の本。
演劇関係の本、物語などを読むことがある。
(セミナーは、学んだ内容を実践するのに
3ヶ月から半年くらいかかるので、たまにしか行かない。)

例えば心理系の本なんかは、一歩間違えると、
他人を操作できるような印象を受ける。
こういう本を読む楽しさは、どんな楽しさなんだろう?
他人を支配したい!というコントロール欲求みたいなものが
満たされる楽しさなんだろうか?

いや、知的好奇心が満たされる楽しさもあるような
気がする。

NLPの本もたまに読む。
ほとんどが立ち読みだけど・・・
書いてあることは、なるほどねぇ~と妙に納得させられる。
よくもまあここまで体系的な学問にしたなぁーと
いつも関心させられる。

そして、こういうテクニックの話をしたら、
頭よさそうに思われるかなぁーとか考える。
(僕には、理屈はわかるけれど、実践が難しいです。)
どちらかというと、NLPの本を読む楽しさは、
他人が知らないことを知っているという
優越感みたいな楽しさ
なのかもしれない。

そんなことを考えた一日でした。

いろいろな楽しさがあるけれど、
子供心に戻れる楽しさが、
一番好きなのかもしれないと思った。

杉浦

関連記事

  1. モチベーションについて

  2. 桑名での研修を終えて・・・

  3. 子どもが自立していくための極意とは?

  4. OTAGAISAMA

  5. あけましておめでとうございます

  6. 人が成長するといふこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

ページ上部へ戻る