閉じる
閉じる
閉じる
  1. 経営者の価値観と従業員の価値観
  2. トニー・ブザン先生ありがとうございました。
  3. 公園でこんな光景を見てしまった
  4. 子どもの作品展示会から感じたこと
  5. モデリング講座
  6. ベストセラー作家の大岩さんとお茶してきました
  7. 受講生さんへのフィードバック
  8. インプットとアウトプットと・・そして・・・
  9. U理論ワークショップに参加してきます
  10. 社員の能力をひきあげる指導 伊那食品工業の見学より
閉じる

学び続ける大人のためのブログ

第4回目のマインドマップアドバイザー講座終了

2010年12月19日。
第4回目のマインドマップアドバイザー講座が終了。

今年の1月からスタートし、
ようやく第4回目が終了。
(10講座X4=計40回開催したことになる。)

まずは、自分自身にお疲れ様。
そして、講座を受講いただいた方もお疲れ様でした。

講座の最後に少しだけ時間をいただき、
自分自身の話をさせていただきました。

杉浦が普段、どのようなことを考えているのか?
あまり深い話になるとマニアックになってしまうため、
お伝えする内容をセーブしながら伝えました。

今回お伝えした内容は・・・


本の読み方について。

私が本の面白さを知ったのは、
小学校5年生の時。
今でも一番尊敬している先生にたくさんの本を
紹介していただきました。

そのほとんどが小説だったりファンタジー。
明らかにこの時期に本を読みすぎて
視力が低下しましたが、
週に1冊は本を読んでいた。

その後、中学、高校、大学、社会人・・・
となるにつれて、
読むジャンルが変わってきましたが、
相変わらずの読書好き。
やはり、週に1冊は本を読み、
時には、数冊の本を同時並行で読むこともありました。

でも・・・
最近はめったに本を読まない。

というか、昔のような本の読み方をしなくなりました。

では、どのように本を読んでいるのか・・・

①調べものをする場合
②著者の思考をインストールしたい場合

上記、2パターンの読み方しかしていない気がしています。

①調べものをする場合は、知りたい情報を明確にしてから、
  必要箇所のみを読みます。
  辞書で用語を調べるような感覚です。
  全部読む必要はありませんから、
  本屋さんでの立ち読み(立ち調べ)で終わることもしばしば。

②著者の思考をインストールしたい場合:
  著者が書いている表面的な内容やノウハウには
  あまり興味がありません。
  だって、みんな同じことを言っているだけだから。
  そんなことに時間を使うのはもったいないなぁーと
  いつも思っています。

  もっと本質の部分。
  著者は何を考え、その本を書いたのか?
  著者の頭の中ではどんな思考が起こっているのか?

  そういったことを考え、推測しながら
  本を読んでいます。

  著者の思考がわかってこれば、
  その思考パターンを自分の思考や生活に
  インストールすればいいだけです。

  表面的な内容にとらわれずに
  本を読むことが大切だと思っています。

  読む目的にもよりますが・・・・

  

関連記事

  1. 6色ハット発想法体験会 IN 名古屋

  2. 講座中によくいただく、マインドマップQ&A

  3. マインドマップアドバイザー講座 勉強会 プレゼン編

  4. アドバイザー講座 第Ⅱ期生 講座はじまりました。

  5. アドバイザー講座最終日、テスト・・・・

  6. マインドマップ入門講座 隣のマインドマップ(IN 愛知)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

ページ上部へ戻る