閉じる
閉じる
閉じる
  1. 経営者の価値観と従業員の価値観
  2. トニー・ブザン先生ありがとうございました。
  3. 公園でこんな光景を見てしまった
  4. 子どもの作品展示会から感じたこと
  5. モデリング講座
  6. ベストセラー作家の大岩さんとお茶してきました
  7. 受講生さんへのフィードバック
  8. インプットとアウトプットと・・そして・・・
  9. U理論ワークショップに参加してきます
  10. 社員の能力をひきあげる指導 伊那食品工業の見学より
閉じる

学び続ける大人のためのブログ

今、何に注意を払っているのか?

コンビニで買い物を終え、駐車場から道路を
右に出たい。

左からは車が2台来ている。

右側からは自転車が車道を走って、
こちらのほうへ走ってくる。




自転車が通り過ぎる
左側から来た車も通り過ぎようとしている。

「さあ、駐車場から出よう!」と思ったところで、
左側から来ていた車の後ろのバイクに気づいた。

あやうく、ぶつかりそうになった。

そのような経験をしたことはありませんか?

事故を起こしそうになったのは、
油断していたからでしょうか?

確かにそうかもしれません。

では、次回からは大丈夫か?

残念ながらまた、同じような経験をする可能性があります。


油断していた~。危ない危ない。

と軽く反省するだけでは、
今度は事故を起こしてしまうかもしれません。

なぜか?

事故しそうになった瞬間に、
どこに注意を払っていたのか?

ということを正しく認識していないと、
また同じ失敗を繰り返してしまうのです。

車が2台通り過ぎ、
さあ、駐車場から出よう!

と思ったときに、

どこに注意を払っていたのでしょうか?

自分の進みたい方向にハンドルを向け、
そちらに注意を向けていたのではないでしょうか?

これでは、左側から来る車の後ろを
見落としてしまいます。

一度失敗したのであれば、
注意の方向がどこに向かっていたのかを考え、
次回以降は修正する必要があります。

今回のようなケースでは、、
左側から来る車ではなく、

その車の後ろのスペースに注意を向ける必要があるのは、
言うまでもありません。

いつも同じようなミスを犯してしまう場合、


次回はどこに注意を向けるべきなのか?

ということを考えるのは、
とても大切なことです。

そして、もっともっと大切なことは、

普段から、
「自分の注意は今、どこに向かっているのか?」

ということを意識することです。
そうすることで、

「なぜミスを犯してしまうのか?」

その理由に気づけるようになります。

勉強に集中できないという方も同じです。
15分おきでも、30分おきでも構いませんが、

「今、何に注意を払っているのか?」

というふうに、

①問いを自分に投げかけ、
②現状を正しく認識することで

注意がそれてしまっていても、軌道修正できるようになります。

杉浦

関連記事

  1. アクションラーニング基礎講座

  2. パパ、いないいない作戦

  3. チームビルディング研修

  4. 第2回 アクションラーニング体験会

  5. セルフマネジメント研修

  6. 夢を語るということについて

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

ページ上部へ戻る