閉じる
閉じる
閉じる
  1. 経営者の価値観と従業員の価値観
  2. トニー・ブザン先生ありがとうございました。
  3. 公園でこんな光景を見てしまった
  4. 子どもの作品展示会から感じたこと
  5. モデリング講座
  6. ベストセラー作家の大岩さんとお茶してきました
  7. 受講生さんへのフィードバック
  8. インプットとアウトプットと・・そして・・・
  9. U理論ワークショップに参加してきます
  10. 社員の能力をひきあげる指導 伊那食品工業の見学より
閉じる

学び続ける大人のためのブログ

承認のバランス

今週は(もう、半分終わってしまったけれど)、

バランスを保つ・・・・

いや、バランスを意識した生活を
送ってみようと思っています。

例えば、”誉める”という行為について


①そもそも何のために人を誉めるのか?

②そして誉める(褒める)という行為のバランスについて考えてみたい。

①そもそも何のために人を誉めるのか?
について、じっくりと考えをまとめようと思ったけれど、
長くなりそうなニオイがぷんぷんしているので、
やめておこう。

②誉めるという行為のバランス。

誉めることを前提として、
誉めるというフレームで考えるのであれば、

様々な誉め方がある。

いや、承認と言う言葉が適切なのかもしれない。

承認する場合、

直接的な承認と間接的な承認がある。

ちなみに、検索エンジンにて

間接的 承認

と検索してみると、杉浦が想像していた説明が
ヒットしない。

コーチング講座で、
「承認にも直接と間接の2種類がある。」と説明してきたが、
その情報の出所が怪しくなってきた。
もしかすると、杉浦が勝手に作った言葉なのかもしれない。
(反省・・・・)

まあ簡単に言うと、

直接的な承認とは、

「あんた偉いよ!」と直接的なメッセージを送るもの

間接的な承認とは、

相手のことを見守ったり、相手に興味を持って質問したり、
その人の存在そのものを認めたいと思うこと。

そんな感じ。

怪しい言葉の定義は無視して・・・

直接的な承認と間接的な承認のバランスは保たれて
いるだろうか?

そして、
承認というフレームの外側には、

”承認しない”というフレームも当然存在している。

承認する と 承認しない。

そのバランスを意識できているだろうか?

自分の思考のフレーム(枠組み)の大きさや前提を
認識すること、気づくこと。

そのような時間を持つことはとても大切だと思います。

杉浦

関連記事

  1. 岐阜県出身者としてのミッション

  2. 本当に結果がでるコーチング

  3. ブログの内容は何を書けばいい?

  4. ラジオ出演報告

  5. マインドマップは発散のためのツール?

  6. 質問の語源について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

ページ上部へ戻る