閉じる
閉じる
閉じる
  1. 経営者の価値観と従業員の価値観
  2. トニー・ブザン先生ありがとうございました。
  3. 公園でこんな光景を見てしまった
  4. 子どもの作品展示会から感じたこと
  5. モデリング講座
  6. ベストセラー作家の大岩さんとお茶してきました
  7. 受講生さんへのフィードバック
  8. インプットとアウトプットと・・そして・・・
  9. U理論ワークショップに参加してきます
  10. 社員の能力をひきあげる指導 伊那食品工業の見学より
閉じる

学び続ける大人のためのブログ

マインドマップと非マインドマップとのバランス

私はインストラクターという立場もあるため、
よりたくさんの活用例をお伝えするため、

できる限り、マインドマップを使うようにしています。

マインドマップのメリットを感じているからこそ、
使う時もあれば、
マインドマップをかく必要がないと感じる時でも、
あえて使う時があります。

講座で、

「杉浦さんはどのような時もマインドマップを使うのですか?」

と聞かれたことがあります。


「はい。いろいろなことにマインドマップを活用してみて
ください!」

「あえて使ってみると、意外な活用のメリットに気づき
ワクワクすることがありますよ!」

そのようにお答えすることが多いのですが、

あえて、マインドマップを使わないという選択も
もちろんしています。

特に、昔から書いている日記については、
マインドマップでかいていた時期もありました。

しかし、日本語独特のリズム感や、
ずらずらと文章が書かれた感覚を楽しみたいので、
日記はマインドマップを使わないようにしています。

マインドマップで日記をかく方が、、
あとで読み返す時に、時間を短縮できますし、
1ページに詰まった情報量は圧倒的に多い。

しかし、従来のノート術で書かれた日記の
言葉では言い表しにくい感覚が好きなので、
日記にはマインドマップは使わないようにしています。

マインドマップを使っていないことに対しては
マインドマップを試してみる。

マインドマップのメリットを感じていることに対しては、
あえてマインドマップ以外を試してみる。

そうすると、
新たな気づきがあり、マインドマップを使うメリットが
腹に落ちる時がくるかもしれません。

あるいは、マインドマップを使うデメリットを
感じる時があるかもしれません。

マインドマップと非マインドマップのバランス。

どれくらいのバランスを目指しますか?

ブザン公認マインドマップインストラクター
杉浦

関連記事

  1. 第3回 マインドマップアドバイザー勉強会

  2. ダ・ヴィンチはフロー体験をしていた?

  3. イライラの原因は何か?

  4. マインドマップアドバイザー講座 勉強会 プレゼン編

  5. マインドマップ講座を受講された人がかいたマインドマップの例

  6. マインドマップを書く準備

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

ページ上部へ戻る