閉じる
閉じる
閉じる
  1. 経営者の価値観と従業員の価値観
  2. トニー・ブザン先生ありがとうございました。
  3. 公園でこんな光景を見てしまった
  4. 子どもの作品展示会から感じたこと
  5. モデリング講座
  6. ベストセラー作家の大岩さんとお茶してきました
  7. 受講生さんへのフィードバック
  8. インプットとアウトプットと・・そして・・・
  9. U理論ワークショップに参加してきます
  10. 社員の能力をひきあげる指導 伊那食品工業の見学より
閉じる

学び続ける大人のためのブログ

震災とコルブの学習サイクル ~その1~

3・11の震災を経験し、
様々なことを思い、考えた。

時期を同じくして、ツイッターを始めたこともあり、
いろいろな考え方があるもんだなぁーと思った。

おっと。


ここで終わってしまったら、
小学生だった頃の私の読書感想文レベルになってしまう。

何かを考え、思ったのであれば、
それを次に生かしたい。

そのためには、学びが必要。

師匠のひとり、トニー・ブザン氏から教えを受けたものとしては、
TEFCAS(テフカス)のサイクルを利用して学びを得たいとも
思うけれど、
上記は成功のためのサイクル。
 *ちなみにトニーは何度もノーベル平和賞に
   ノミネートされている。

今回は、コルブの学習サイクルを利用して、
学んでみたいと思う。

コルブの学習サイクル

具体的経験

省察(振り返り)

概念化(一般化)

試行(仮説をたて、試す)

さて今回は、具体的経験の部分に特にフォーカスしたい。

具体的経験を出発点として、
そこから学ぶとしても、

具体的経験の“質”

が学びに影響を与えることは言うまでもない。

今回の震災は、
学ぶべき貴重な機会だと思う。

だから、政治家を批判したり東電を批判したり、
感情論のみに走ったり、
それだけで終わってはいけないと、
個人的には思っている。

今回の震災を通じて、
自分の外側で起こったこと、自分の内側で起こったこと、
そして、客観的事実も主観的感情も、
それらを忘れないようにし、
そこから学びを得るべきだと思っている。

そして、この震災を通じて、
日本がどのように変わっていくのか?
自分がどのように変わっていくのか?
についても、長期的な視点で客観的に
見届けたいと思っている。

現時点でも、
たくさんの学びを得たけれど、
とてもとても長くなりそうなので、、~その2~
として、ゆっくりと時間がとれる時に、
マインドマップを使って整理してみます。

皆さんも、震災からの学びを整理することを
おすすめします。

ちなみに現時点では、、

なぜ、ここまで援助が広がっているのか?

阪神淡路大震災や中越地震の時とは、
何が違うのだろうか?

そして、そこからの学びをどのように概念化し、
次回につなげていくか?

という点について、考えてみたいと思っています。

話はずれるけれど、
コルブの学習サイクルを回すためには、
まず、良質な経験が必要。

では、良質な経験の機会がなかった場合に、
学ぶチャンスがないかと言えば、
そんなことはない。

良質な経験を自ら作り出せばよい。
そう思っている。

コルブの学習サイクルや良質な経験に関してはこちら
 *とてもくだらないですが・・

補足:
省察(振り返り)においては、サポート役の存在が必要なことも
多い。
というのは、ひとりで振り返りをしても偏った振り返りのみに
なる可能性があるから。

「この経験を通じて、つらかったことは何?」
「それはどうしてつらかったのだろう?」
「そのつらさは避けられたつらさでしょうか?」

などなど。

コーチ的に関わる人がいると学習の効果が
より高まります。

杉浦

関連記事

  1. 最強のチームの作り方

  2. 教えずして人を育てるメンタリングマネジメント

  3. 社員が主体的、積極的になる方法

  4. 質問会議(アクションラーニング)体験会実践報告です

  5. ゼロおばさんから学ぶんだこと。

  6. 読書のインプットとアウトプット

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

ページ上部へ戻る