閉じる
閉じる
閉じる
  1. 経営者の価値観と従業員の価値観
  2. トニー・ブザン先生ありがとうございました。
  3. 公園でこんな光景を見てしまった
  4. 子どもの作品展示会から感じたこと
  5. モデリング講座
  6. ベストセラー作家の大岩さんとお茶してきました
  7. 受講生さんへのフィードバック
  8. インプットとアウトプットと・・そして・・・
  9. U理論ワークショップに参加してきます
  10. 社員の能力をひきあげる指導 伊那食品工業の見学より
閉じる

学び続ける大人のためのブログ

ザ・マインドマップ(マインドマップ超入門)

マインドマップ関係の本は以前から翻訳出版されて
おりましたが、

マインドマップのかきかたのみでなく、
トニー・ブザン氏の伝えいことが
染み込んでくるのは、この本が始めてだと思います。


この『ザ・マインドマップ』をただのかきかたの本だとか
ハウツー本だと思って読んだのであれば、
学びは少ないと思います。

実際、
「期待はずれだった!」
「同じことばかり繰り返し書いてある!」

という声を聞くこともあります。

私も同感です。

ただし、繰り返しますが、
ただのハウツー本だと思って読んだ場合には、
上記のように感じてしまうかもしれない、
ということです。

本の読み方にもいろいろとあると思いますが、
世界的に有名な著者の書籍を読む場合、
私はハウツーを求めるのではなく、

その著者が何を考え、何を感じ、
どのような経緯で今に至ったのか?

そういったことを感じ、味わいながら読むように
しています。

それが、世界的に有名な著者の本を読む
方法だと思っています。

より広い視点で、より抽象的な視点で書かれていますから、
ハウツーを求めたら物足りない。

しかし、著者の視点に触れることが出来るという意味では、
大変すぐれた書籍だと感じています。

トニー・ブザン氏の考え方はどうでもいいから、
まずはかき方を知りたい!
という方は、以下がオススメです。

この本を読んでもかき方がわからないという意見を
聞くこともありますが、

マインドマップのようなシンプルなメソッドの
習得には素直さが大事です。

シンプルすぎるがゆえに、
素直さがないと、かき始めようと思えない
気がしています。

まずは、上記のマインドマップ超入門を読み、
かいてみることをオススメします。

なお、こちらのマインドマップ超活用術は無料です。

あと、マインドマップの講座をすでに受講されて
何枚もかいたという方や、
講座は受講していないが、ある程度ルールに従って
マインドマップをかいてきた、という方は、


ペンとノートで発想を広げる“お絵描き”ノート術 マインドマップ(R)が本当に使いこなせる本 (アスキームック)

この本に書いてある内容を理解し、
その内容を意識しながらマインドマップをかいてみると、
今まで以上に、脳を上手に使って
マインドマップをかけるようになるかもしれません。

杉浦

関連記事

  1. 子供っぽいマインドマップ

  2. 他者理解のマインドマップ(マインドマップ活用法)

  3. マインドマップアドバイザー講座 勉強会

  4. クリーンランゲージ入門

  5. 東京でのマインドマップ基礎講座

  6. ついにマインドマップ用のスキャナーを購入した

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

ページ上部へ戻る