閉じる
閉じる
閉じる
  1. トニー・ブザン先生ありがとうございました。
  2. 公園でこんな光景を見てしまった
  3. 子どもの作品展示会から感じたこと
  4. モデリング講座
  5. ベストセラー作家の大岩さんとお茶してきました
  6. 受講生さんへのフィードバック
  7. インプットとアウトプットと・・そして・・・
  8. U理論ワークショップに参加してきます
  9. 社員の能力をひきあげる指導 伊那食品工業の見学より
  10. 心が温まった話
閉じる

学び続ける大人のためのブログ

広告を見て思うこと

ヤマザキは春のパンまつり中です。

 ぱんまつり

ああ、白いスマイルディッシュが欲しい!


って。

スマイルディッシュって何?

スマイルしているのは、この女性であって、
ディッシュとスマイルは何も関係がない気がするのですが・・・

相手に抵抗させずに、さりげなくメッセージを入れる
手法。

恐るべし!

そんなことを言いたいのではなくて、

マインドマップの話です。

マインドマップはカラフルにかいた方がいいですか?
マインドマップにイラストを入れた方がよいですか?

という質問はいつまでたってもいただきますし、
そこでつまづいている人もいるのでしょう。

そのような方に質問です。

広告はカラフルな方がいいですか?
広告にイラストを入れた方がいいですか?


普段持ち歩くかばんは、白黒一色がいいですか?

そして、


何を得たくて、そうしているのですか?

広告をカラフルにすると、顧客の脳にどのような
効果をもたらすのですか?

自分のノートをカラフルにすると、自分の脳に
どのような効果をもたらすのですか?

顧客の脳だけでなく、自分の脳にも
同じような影響を与えたいと思いますか?

その答え次第で、
カラフルにかいた方がよいのか、
イメージを加えた方がよいのか?

が決まる気がしています。

僕が強制することはできませんし。

杉浦

追伸:
もしもイメージや色を加えたいと思ったのであれば、
加えた方がよいと思います。

そして、上手にイメージをかきたいと思う方は、
上手にかけるよう、練習するのがよいと思います。

マインドマップ上のイメージは、
上手である必要はありませんが、

イメージを上手に描きたい!という欲求があるならば、
それは、努力して手に入れればいいと思いますし、
私は、そのような“よりよくなりたい”という気持ちを
尊敬します。

ただし、繰り返しお伝えしますが、
マインドマップ上のイメージが上手である必要はありません。

マインドマップから得たいものは何か?

という”問い”を持ち続けたいものです。

関連記事

  1. “当たり”が出た。

  2. 「私ひとりでトイレ行けたよ!」 と喜ぶ女性の話 2

  3. マインドマップ関係の講座や勉強会のお知らせです。

  4. 帰りの電車の時間を見やすくする

  5. 2011年4月3日のマインドマップ勉強会(名古屋市内で開催)

  6. 価値観を見直すマインドマップ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る