閉じる
閉じる
閉じる
  1. 経営者の価値観と従業員の価値観
  2. トニー・ブザン先生ありがとうございました。
  3. 公園でこんな光景を見てしまった
  4. 子どもの作品展示会から感じたこと
  5. モデリング講座
  6. ベストセラー作家の大岩さんとお茶してきました
  7. 受講生さんへのフィードバック
  8. インプットとアウトプットと・・そして・・・
  9. U理論ワークショップに参加してきます
  10. 社員の能力をひきあげる指導 伊那食品工業の見学より
閉じる

学び続ける大人のためのブログ

マインドマップというツールについて

今度の日曜日でマインドマップアドバイザー講座第5期が
終了します。
すでに講座を終えた方は、アドバイザーとして講師業を始める方も
ちらほら。

アド6発想

このマインドマップは第6回目の会議術で、受講生の皆さんが
かいたもの。

ところで、皆さんがマインドマップをかく目的って何ですか?

マインドマップは目的を達成するための道具です。

マインドマップをかくことが結果になってはいけない。
マインドマップから導き出される結果に目を向けないと
いけない。

マインドマップはツールに過ぎない。

そういった意見をよく聞きます。
インストラクターの中にも、そのように伝えている方もいるようです。

99.7パーセント、上記の意見に賛成なのですが、

>マインドマップは目的を達成するための道具です。

その目的とは何か?

>マインドマップをかくことが結果になってはいけない。
>マインドマップから導き出される結果に目を向けないと
>いけない。

結果だけでなく、マインドマップをかくプロセスにも
学びがあると感じています。

>マインドマップはツールに過ぎない。

何のためのツールか?

例えば、
マインドマップをアイデア出しのツール、思考を整理するためのツール、
学習内容の記憶のためのツール、そういった目的で
かくことが多いと思うのですが、

私は、

知性を発揮するためのツール

として、マインドマップをかくことがあります。

その場合は、
マインドマップをかくことやそのプロセスがゴールです。

アイデアを出すためでもなく、思考を整理するためでもなく、
学習内容を記憶するためでもありません。
また、そのマインドマップを元にアクションを起こすわけでも
ありません。

ハワードガードナー氏のいう、多重知性を磨くために
マインドマップをかくのです。

マインドマップアドバイザー講座の5期目の途中で、

「次回の講座で杉浦は、とんちんかんなことを言い出すかもしれません!」

と、前もってお伝えしておいた上で、
(怪しい講座といわれるかもしれないという覚悟の上で)

マインドマップをたくさんかいたという人でも、
あまりやったことがないような方法で、
マインドマップをかいていただきました。

受講生からは、かき始めた途端に、
「楽しい~~、今までとは違う頭の部分が熱くなってきた!」

そういった声が聞かれました。
(あっ、この時は大阪のヒューマンアカデミーからもりっちが
参加してくれました)

そうなんです。
マインドマップは楽しものではなくて、
自然に楽しめるものなんです。

そして、自然発生的に楽しめると、
知性が発揮されるのです。(と、思っています。)

受講生のひとりは、宿題のマインドマップをその手法でかいたら、
勝手に物語が浮かんできて、
そこに描かれたキャラクターが唄を歌いだしたと
言っていました。

あっ、この人危ない人だ!

と杉浦は思いました。

というのは、冗談です。

私にも経験があるのですが、その手法でマインドマップをいると、
いろいろなストーリーやらメタファーが次から次へと
勝手に、自然に、頭の中に浮かんでくるのです。

とっても不思議です。

元々は自分は頭がカチカチで、そのような発想ができるはずがないと
おっしゃっていた、上記の受講生のMさん。

Mさんの知性が磨かれた瞬間でした。

「Mさんの多重知性が発揮されたんですよ!」

と、講師としての立場を保つために、
明らかに上から目線で、かつ、評価的態度でもって、

Mさんにコメントした私ですが、

目を輝かせながら、自身の体験を語るMさんがうらやましくなり、
久しぶりに私も、その手法でマインドマップをかいてみました。

楽しいっす!

掛川講座500

なお、このかきかたは、
マインドマップアドバイザー講座のカリキュラムにはなく、
杉浦が勝手に教えている内容です。

ただし、マインドマップアドバイザーの方にのみ
お伝えしている内容のため、
それ以外の受講生の方にはお伝えすることができません。
すいません。
(インストラクターの伊藤賢氏にはこのかきかたを伝えてみました)

と、かくと、自分がすごくもったいぶる人のように
思えてきたがね。

ひとつ、面白いかきかたをお教えしますので、
実践してみてください。

みなさんが、普段マインドマップをかいている時に
使っている色を、変えてみてください。
今までに使ったことがない色を使ってみてください。

例えば、
雨をかく時、水色とか灰色で色を塗っていたという人は、
ピンクやオレンジなど、
頭の中にぱっと浮かんだ色と違う色で塗ってみて
ください。
(なお、このワークは現在受講中の受講生が考えたものです。)

ポイントは、今までと違うことをしてみる。
今までと違う視点で発想してみることです。

想像の中でも構いません。
空から降る雨の色を、想像の中で色んな色に変えたら、
どんな感じがしますか?

電車の音って、
ガタン・ゴトン、ガタン・ゴトン とか
シュッシュ・ポッポって、表現しませんか?

ではその音を、想像の中で、
「ジャブジャブ、ストレート、ジャブジャブアッパー、
打つべし! 打つべし!」(by あしたのジョー)

という音に変えてみてください。
電車のイメージがどのように変化しましたか?

他にも、マインドマップ上で、
今までにやったことがないことをしてみる。
今までとは違う視点でかいてみる。

そのような観点でチャレンジして、おくんなまし。

杉浦

 

関連記事

  1. 変態の教えに従い、掃除してみた

  2. 真の問題

  3. マインドマップ講座を受講された人がかいたマインドマップの例

  4. 11月12日 マインドマップ入門講座

  5. マインドマップとフローの関係

  6. 世界初!勉強会 IN 名古屋

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

ページ上部へ戻る