閉じる
閉じる
閉じる
  1. 経営者の価値観と従業員の価値観
  2. トニー・ブザン先生ありがとうございました。
  3. 公園でこんな光景を見てしまった
  4. 子どもの作品展示会から感じたこと
  5. モデリング講座
  6. ベストセラー作家の大岩さんとお茶してきました
  7. 受講生さんへのフィードバック
  8. インプットとアウトプットと・・そして・・・
  9. U理論ワークショップに参加してきます
  10. 社員の能力をひきあげる指導 伊那食品工業の見学より
閉じる

学び続ける大人のためのブログ

あなたの中のグレムリンを探せ

以前さらっと読んだ本を
もう一度読み返しています。

『あなたの中のグレムリンを探せ』

意識の変容を起こす(自然に起きる?)ような
内容が書いてあります。

個人的には
考え方にものすごく共感でき、
超オススメの本なのですが、
絶版のようです。
 *しかも中古なのに高額!

あなたの中のグレムリンを捜せ
 ―こころの怪物を手なずける方法
 


誰の心の中にもいるグレムリン

新インナーゲーム
では、
セルフ1と呼ばれているものに
近いともの?

の扱い方について
書いてあります。

・○○でなければならない
・私は○○だ。
・○○するなんて私はなんて駄目なんだ。

など、
そういった心の声

そういったものをグレムリンと
呼んでいるのですが、

そのグレムリンを
手なずける方法について
書かれた本です。

NOPSの原理

という言葉を聴いたことが
あるかもしれませんが、

N:notice it
O:own it
P:play with it
S:stay with it

その元になっているのが
この本だと思います。

日本語にすると、
グレムリンを手なずけるためには、

ただ気づくこと
自由に選び、選ぶことで遊ぶこと
 そして
その過程の中にいること

その基本的な段階を踏むだけで
よいのです。

カウンセリング領域においては、
グレムリンに気づいた際、

どうしてそのようなグレムリンがいるのか?
(人前で恐怖を感じる場合、
 その理由を過去に求めたり)

を探ることがあると思いますが、

そんなことは一切不要です。

 ただ、気づく

だけでよいのです。

確かにそうかもしれません。

実際に僕も、
自分の嫌な部分や
嫌いな信念など
(○○でなければならない)

そういったグレムリンを
分析するわけでもなく、

ただ、気づく

だけで、

すぅ~~と
楽になった経験が何度も
あります。

・気づくこと
・自由
・選択
・遊ぶこと

どれも、
僕にとっては今後探求し続けたい
キーワードばかりです。

このブログでも、
グレムリンを手なずける方法や、

上記のキーワードに対する気づきや
体験談など、

随時
書いていこうと思います。

グレムリンに気づいたら、

それを評価せず、分析せず、
過去に原因を求めず、

ただ、気づくこと

少しで構いませんので、
実践してみてください。

過去を分析しすぎることの弊害
(心理学の法則)
についても、
今後このブログで書いてみたいと
思います。

ではでは。

=====
プロコーチ 杉浦 元重 ~Motoshige Sugiura~

100人コーチング実践中です。

◆コーチングを通じてパフォーマンスをあげたい方。

◆夢を実現したい方。

◆自分らしいやり方を見つけたい方。

◆もっと充実した人生を送りたい方。


こちらからコーチングを体験できます。

関連記事

  1. 子育てについて(動機づけ研究)

  2. 自分の小さな箱から抜け出す 箱セミナー

  3. 拡げる勉強と深める勉強

  4. 感謝の気持ち

  5. フォトリーダーの読書日記

  6. 変態の教えに従い、掃除してみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

ページ上部へ戻る