閉じる
閉じる
閉じる
  1. 経営者の価値観と従業員の価値観
  2. トニー・ブザン先生ありがとうございました。
  3. 公園でこんな光景を見てしまった
  4. 子どもの作品展示会から感じたこと
  5. モデリング講座
  6. ベストセラー作家の大岩さんとお茶してきました
  7. 受講生さんへのフィードバック
  8. インプットとアウトプットと・・そして・・・
  9. U理論ワークショップに参加してきます
  10. 社員の能力をひきあげる指導 伊那食品工業の見学より
閉じる

学び続ける大人のためのブログ

パフォーマンスを下げる方法(インナーワークより)

敵を発見したよ、それはなんと僕たちなんだ

ある漫画より

パフォーマンスをあげる方法はたくさんあります。
例えば、ゾーンに入るためのコーチングも可能ですし、
モチベーションを高めることで、
パフォーマンスによい影響を与えることもできます。

しかし、
パフォーマンスを下げる方法は
ひとつしかありません。(メンタル的には)


パフォーマンスを下げる唯一の方法。

仕事のパフォーマンスを下げたければ、
恐怖を与えることです。

○○しなければならない。
○○であるべきだ。

といった、have to~的な思考。(べき思考)

そして、達成できなかった時を想像したとき、
そこに、感覚として恐怖があるのであれば、

間違いなく、パフォーマンスが下がります。

こういった思考は
外からも自分の内側からも影響を与えます。
 (恐ろしいことに、自分の内側に敵がいるのです。)

また、ダメだしや理由のない否定も
時に、恐怖を与え、パフォーマンスを下げます。

「潜在能力」であらゆる問題が解決できる
―あなたの才能を目覚めさせる
「ナチュラル・ブリリアンス・モデル」4ステップ

上記の本にも書いてある方法を使って
実験してみたことがあります。

実験参加者のひとりに、ある行動をとってもらいます。
その方は、答えを知りません。

たとえば、セミナー室に入ってきて、
ホワイトボードに赤ペンで丸を書く。

という行動をとってもらいたいわけです。

セミナー室に入ってきて少しでも
間違った行動をしたならば、

鐘を鳴らして、間違いを指摘します。

壁をさわってみる・・・チーン。
ホワイトボードと反対側に歩く・・・チーン。
拍手をしてみる・・・チーン。

間違うたびにチーンと鐘を鳴らします。

すると、
実験参加者は全く身動きがとれなくなります。

次に何か行動しようとしても、
間違っているのではないか、否定されるのではないか?
という恐怖が、体を硬直させるのです。

これが、恐怖でパフォーマンスが
下がった姿です。

子供の成長を見ていて思うのですが、
私たちはいつから、
失敗を恐れるようになったのでしょう?

私たちはいつから、
○○しなければならない

という思考を身につけたのでしょう?

子供たちが、
転んではいけない。失敗してはいけない。

と思ってしまったなら、
成長・発達が止まってしまいます。

先日、

バッティングセンターに行きました。

僕は野球の経験がありませんし、
しっかりと打つ義務もありません。

しかし、です。

空振りしたり、ボールが前に飛んでいかないと、

もっと、脇をしめなければ、
もっと、ボールをしっかり見なければ
そして、ちゃんと打たなければ。

そんな思考がよぎります。

もちろん、
しっかりと打てることが純粋に楽しいのであれば、
よいのですが・・・

これは、僕の場合かもしれませんが、
○○しなければ思考が頭の中を支配し、

やがて、バッティングがつまらないものに
なってきます。

そしてもしこの状態で続けても、
パフォーマンスが上がらないのは
明らかです。

さて、
この状態から抜け出す方法はあるのでしょうか?

純粋にバッティングを楽しんだり、
そして、
純粋に仕事を楽しむことは、

私たち大人には無理な話なのでしょうか?

そして、
純粋に楽しむからことで、
パフォーマンスが上がるのではないでしょうか?

そこで、実験をしてみました。

インナーワーク―あなたが、仕事が、
そして会社が変わる。
君は仕事をエンジョイできるか!

インナーワークの考え方をとりいれ、
結果を手放してみました。

純粋な欲求を発生させ、
ただ、ボールに心を奪われてみました。

純粋に楽しめるよう、
少し意識を切り替えてボールを
打ってみました。


人って本当に不思議です。

100キロの玉が遅く感じるのです。

今まで全然前に飛ばなかった玉が、
ポンポンと前に飛ぶのです。

バッティングセンターのホームランに
2回ほど、当たりそうになりました。
 *ちなみに、バッティングセンターは2年振りでした。

少しだけゾーンに近い体験でした。

結果を出さなければ・・・

そのようなべき思考気づき
手放してみる。

すると、簡単にパフォーマンスが
上がるのです。

バッティングという単純な動作に対しての
実験でしたが、

今後は、仕事の分野でも
しばらく実験します。


小手先のテクニックではなく、

人間が本来持っている能力を
(子供のように)発揮するのが

一番シンプルで近道のような
気がしてなりません。

今後、
探求し続けたいテーマです。

P=p-i

P:Perfomance(パフォーマンス)

p:potential(ポテンシャル)

i:interference(障害)         -インナーワークよりー

関連記事

  1. ヤーキース・ドットソンの法則

  2. どっぷりとはまってみること

  3. 強い意思は本当に必要?

  4. インナーワーク

  5. 興味ということ

  6. まず、セルフイメージをあげる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

ページ上部へ戻る