閉じる
閉じる
閉じる
  1. 経営者の価値観と従業員の価値観
  2. トニー・ブザン先生ありがとうございました。
  3. 公園でこんな光景を見てしまった
  4. 子どもの作品展示会から感じたこと
  5. モデリング講座
  6. ベストセラー作家の大岩さんとお茶してきました
  7. 受講生さんへのフィードバック
  8. インプットとアウトプットと・・そして・・・
  9. U理論ワークショップに参加してきます
  10. 社員の能力をひきあげる指導 伊那食品工業の見学より
閉じる

学び続ける大人のためのブログ

伝える セミナー IN東京

講師の依頼をいただき、

11月24日に

管理者から部下へ”伝える”
という内容で
 
医療関係者167名ほどの方むけに

研修をしてきました。

 201211STEP2


この研修に対して、
個人的な想いがあり、

なんとしても、研修を成功させたかったので、
リハーサル100回宣言をし、
研修にのぞみました。

が、46回目のリハーサルで
タイムオーバー。

リハーサル回数としては、
過去最高記録でしたが、
時間管理不足で、目標達成できず、
やりのこした感があります。

伝える(正しくは、情報伝達)

という漠然としたテーマをいただき、
それこそ、何を伝えたらよいのか?
何をゴールとしたらよいのか?
悩みました。

管理者が部下に伝えるといっても・・・

・想いを伝える
・ビジョンを伝える
・叱る、承認する
・アサーティブに伝える
・情報を伝達する
・依頼する、断る・・・
・動機付けするために伝える

僕が話したいことを話せばそれで
済むわけですし、
苦労はありません。

しかし・・・

ここ最近、
セミナーや研修をさせていただく際、

参加者の真のニーズは何か?

ということをかなり意識しています。

例えば、
マインドマップを学びたい!
スケジュール管理をしたい!

という要望を聞いたとしても、
それが本当のニーズとは限りません。

情報過多の状況の中で、
やりたいことが多すぎて時間が足りない。

それらを解決する手段としての、
マインドマップやスケジュール管理だとしたら、
マインドマップのかき方をお伝えするだけでは、
真のニーズに答えたことには
ならないわけです。

人によっては、
マインドマップも、フォトリーディングも挫折・・・
こんな自分を何とかしたい。
そのような想いからセミナーを
受講されるかもしれません。

そのような場合は、
動機付けや、
あなたは本当はどうしたいのか?
ということを研修中にしっかりと認識し、
やる気を起こしていただくような
内容を考える必要があります。

そこで、今回のセミナーです。

正直、悩みました。
参加者の方に事前にヒアリングすることが
できない状況でした。

セミナー中に、真のニーズを引き出している
余裕もありません。

っで、
真のニーズを勝手に予測して、
セミナーゴールを設定し、
セミナーの内容を考えました。

お伝えした内容は
ちょっとしたテクニックです。

ただ、その代わり、

コミュニケーションを日常で意識したい!
学んだことを明日から実践したい!
コミュニケーションって面白いかも!
自分にもできるかも!

そのような感情が起こることを
ゴールに設定しました。

そのために何度もリハーサルを
しました。

終了後、
アンケートをとったわけではないので、
わかりませんが、

メールやフェイスブックで、

部下とのコミュニケーションが変わった!
伝わる とはこういうことなのか!
部下と心理的に近づいた
タクシーのうんちゃんに試してみた
 ・
 ・
 ・

という報告を(ちょっとだけですが)いただけました。

ここまで書いてみて、
ほぼ自慢を書いているだけの内容に
なっています。

いや、反省点はたくさんあります。

何よりも、
僕の一番の課題は、
ニーズの事前ヒアリングを納得いくまで
することです。

それが、今後の研修の課題ですなぁ。

関連記事

  1. クリーンランゲージ勉強会

  2. 浅井浩一氏 出版記念講演会 IN 名古屋 11月9日

  3. 【222222】 6か月以内に自走する組織を作るセミナーを開催し…

  4. 仕事とは自己表現の場だ!

  5. コーチングでパフォーマンスを発揮する

  6. ストレスケア研修とチームビルディング

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

ページ上部へ戻る