閉じる
閉じる
閉じる
  1. 経営者の価値観と従業員の価値観
  2. トニー・ブザン先生ありがとうございました。
  3. 公園でこんな光景を見てしまった
  4. 子どもの作品展示会から感じたこと
  5. モデリング講座
  6. ベストセラー作家の大岩さんとお茶してきました
  7. 受講生さんへのフィードバック
  8. インプットとアウトプットと・・そして・・・
  9. U理論ワークショップに参加してきます
  10. 社員の能力をひきあげる指導 伊那食品工業の見学より
閉じる

学び続ける大人のためのブログ

コーチングを受けた方の感想です。

コーチングセッションの感想をいただきました。

感想1
げんさん (注)
今日はありがとうございました。


先程もお話ししましたが、
げんさんとは一度しかお会 いした事がないのですが、
「昔からの友達」感覚で気 さくに話すことができました。
 げんさんのお人柄と言うか、コーチとしての才能(努 力の賜物?)
なんでしょうね。

あっという間の90分でした。
私のテーマは
「自分の本当にやりたいことは何か?」 でしたが、
自分のやりたい事がわかってないだ けに、
 思いのみが先行し、上手く説明できませんでした。

げんさんは、そんな私の話しを丁寧に聞き、
しっかり と受け止めてくださり、
さりげない言葉で
「自分自身の中にある思い」を整理する
手助けをして くれました。
なんでしょう?

この充実感は??
「この一言で変わった」と言う訳ではなく、
気づいた ら気持ちが整理されていた感じがします。

それでも「スピード感」や「視点」など、
今後も迷ったら意識すべきポイントは
しっかりと残って います。

そして、驚いたのはタイムラインの時です。(注)
 そこは自分の家なのに、いつもと違う景色に見え 、
じっくりと自分に向き合うことができました。

早速、○○○仲間に●●●のメール をしました。

リアクションがあったら、またご連絡します。
それから、速読や原田式(注)など

有意義な情報もあり がとうございました。

これからも「自分らしく」頑張ります。

げんさんと話す前は、

目の前に濃い霧がかかり、

霧の中には大きな壁がいくつもありました。

げんさんのコーチングを受けた今は、

霧が晴れ、

大きく見えていた壁も自分が作り上げた

幻想だったとこに気付き「視界良好!スッキリ」です。

本当にありがとうございました。

 

40代男性。サッカーコーチ

注:
杉浦は、コーチングをしている時は、
“ゲンさん”と呼ばれています。

注:
タイムラインとは、人生という時間軸をコーチングセッションで
実際に歩いてみることで、
理屈で考えたこと以上の成果・感覚を引き出す手法です。
NLPなどでも行われるようです。

注:
原田式とは?
弱小陸上部を13回連続日本一に導いた
原田隆史氏のメソッドです。

愛知県では井坂直人氏が学校や
企業に伝える中心的人物として活躍。
とても誠実かつ情熱的な方で
杉浦はファンのひとりであり、
仕事のパートナーとして今後お世話になるであろう方です。

コーチングって、相手の話をしっかり聞くんでしょ?
疲れませんか?

って、言われることがありますが、
その逆です。

コーチングが終わった後には、楽しくなりますし、
得した気分にさえなります。

というのは、
コーチングはクライアントさんの夢ややりたいことを
メソッドを使って聴いていき、
その夢が実現したかのような気分を体験していただだくことが
あります。

その時コーチは、だまって見ているのではなく、
クライアントさんと同じ気分を味わっています。
(このあたりのトレーニングに相当苦労しましたが・・・)

その結果、クライアントさんが感じている幸福感や
充実感などを一緒に味わうことができるのです。

ミラーニューロンという言葉を聴いたことがあるかもしれませんが、
そのニューロンが反応しているのか・・・・
なんとも不思議な話ですが、とてもいい気分になるのです。

ですから、かなりの頻度で、
コーチングセッションが終了すると、
いい気分になっています。

これは、コーチ仲間の多くが感じていることです。

おそらく、中毒に近いくらい
コーチングが好きな人がいるのは、
そのためでないかと思ったりしています。

杉浦

体験セッションを受けたい方はこちら

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
感想2

杉浦さんのコーチングを受けるうえで

自分なりに大切なことを考えてから望みました。

それは、

「素直に受けること」「恥を覚悟でオープンにすること」です。

そもそも、コーチングを受けると決めたからには

思い切って身を任せた方がいいのではないか?

と思ったからです。

結果として大成功であったと思っています。

場所選びに動けるところという事なので公園を選びました。
外であることは解放感とわくわく感がありました。

もちろん、散歩の人が来たり蚊に刺されたりして

集中が途切れることもありました。

コーチングの内容についてですが、
自分は仕事の方向性についてを相談しました。

頭の中で想定している事や自分で本当は決めていることを

後押ししてくれるものだと思っていましたが、

思いがけない発見もありました。

それは新しい選択肢という形ではなくて、

新しい考え方や気持ちの持ちようでした。

自分が何を大切にして何を基準にして

行動を選択しているのかを

少し目の当たりにしたように感じます。

それは、

魅せたい自分となりたい自分は違うという感じです。

コーチング後に具体的な行動プランを一つ決めました。
最初の1ケ月は出来ていたのですが、

今ではちゃんとできていません。

でも、それはネガティブなとらえ方ではありません。

以前の問題が問題ではなくなり、

新しい課題や問題に遭遇しているからです。
新しいことには新しい対応策が・・・という事です。

しかし、習慣や自分の弱い点は形は変えても

中身は似ていると思います。
新しい問題に直面しても前回の具体的プランを

今でも不定期に実行しています。

今、新しい問題に直面しています。
その時にやはり相談しようと思います。

逆にそこそこの問題では相談しようとは思いません。
なぜなら、解決方法ではなくて解決するための

マインドや視点を得たと思うからです。

それでもダメだと思う濃い問題になったときには

相談をしたくなります。

私の受けたコーチングはこのように日々に

影響を与えています。


30代 コンサルタント

――――――――――――――――――――――――
感想3

杉浦さんは常に冷静で的確な質問をしてくださり 

とても話しやい雰囲気でした。

またいつも私がどんな話しをしたいのか

確認しながら進めて頂けたので

本当に話ししたい話しができて、

頭の中が整理され

自分が大切にしている価値感を
明確にして頂きました。

杉浦さん、ありがとうございました。


30代 コーチ

―――――――――――――――――――――――――
感想4

人前で話すのが苦手というテーマについて
扱いました。

関連記事

  1. 感謝の気持ち

  2. モチベーション3.0がやっと発売されました。

  3. 最近やっていてすこぶる調子がよいこと

  4. コーチングのパワー(インタビューです。)

  5. 奇跡の教室

  6. 春日井市での医療関係者向けコーチング講座

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

ページ上部へ戻る