閉じる
閉じる
閉じる
  1. 経営者の価値観と従業員の価値観
  2. トニー・ブザン先生ありがとうございました。
  3. 公園でこんな光景を見てしまった
  4. 子どもの作品展示会から感じたこと
  5. モデリング講座
  6. ベストセラー作家の大岩さんとお茶してきました
  7. 受講生さんへのフィードバック
  8. インプットとアウトプットと・・そして・・・
  9. U理論ワークショップに参加してきます
  10. 社員の能力をひきあげる指導 伊那食品工業の見学より
閉じる

学び続ける大人のためのブログ

部下育成のための勉強会のご案内(赤ペン)

部下、スタッフの育成や人間関係づくりを
大切にしている方へ。

勉強会の案内です。

7月6日 9:30~11:30 IN名古屋


荒れた中学校に赴任し、
陸上部において13回連続日本一を達成した、
原田隆史氏。

その原田隆史氏のメソッドを企業向けに伝えている
井坂直人氏にお願いし、実現した勉強会です。

井坂さんは実際、
地域の方へのマラソン指導、様々な組織の幹部指導にも
実際にこの方法をとりいれられておられます。

その方法は、ずばり

 赤ペンを活用した人材育成法です。

詳しい内容をお聞きした時、
一部の方が知っているだけではもったいないと思い、
勉強会をお願いしました。

いや、詳しい方法なんてないかもしれません。
部下やスタッフの日報などに対して、

「こんな点に悩んでいるのか~~」
「ここは、すごい頑張ってるなぁ~~~」
「ここ、もう少し頑張ったらもっと成長できるぞぉ」

そんな気持ちで、
共感しながら、励ましながら、応援しながら、
赤ペンで書きこむのです。

その、相手のために使う時間ですが、
なんとまあ、尊い時間なんでしょう。

100%、相手に向かえる時間です。

僕も、井坂さんに赤ペンしてもらいましたが、
井坂さんが、
僕のためにそこまで時間を作ってくれたことが
とても伝わってきました。

それは、小学校の時の恩師、内藤先生を
思い出した瞬間でもありました。

その場で、ほめる、ねぎらう、叱る
そういったことも必要な時もあるかと思いますが、

そういった方法(手法に走ったがために)では、
うまくいっていないと感じている方にお勧め。

簡単だけれど、

相手を知り、信頼関係を築きやすい手法として、
(手法だけれど、あり方が磨かれる)
おすすめします。

僕も、井坂さんの真似をして、
研修参加者さんに対して行った赤ペン指導を行って
みましたが、

内緒の話、研修参加者さんが愛おしく思えてきました。
そして、彼らのことを全然知らずに決めつけていた
自分を反省した時間でもありました。

お申し込みはこちらから→ここからお申込み

関連記事

  1. 最強の相互支援チームの作り方

  2. 浅井浩一氏 出版記念講演会 IN 名古屋 11月9日

  3. チーム医療(覚えとして)

  4. 受講生さんへのプレゼント

  5. モデリング講座

  6. 第1回、チームビルディング実践勉強会報告

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

ページ上部へ戻る