閉じる
閉じる
閉じる
  1. 経営者の価値観と従業員の価値観
  2. トニー・ブザン先生ありがとうございました。
  3. 公園でこんな光景を見てしまった
  4. 子どもの作品展示会から感じたこと
  5. モデリング講座
  6. ベストセラー作家の大岩さんとお茶してきました
  7. 受講生さんへのフィードバック
  8. インプットとアウトプットと・・そして・・・
  9. U理論ワークショップに参加してきます
  10. 社員の能力をひきあげる指導 伊那食品工業の見学より
閉じる

学び続ける大人のためのブログ

メンターという生き方について

いつもブログに訪問いただき、ありがとうございます。

2年近く研修や会議ファシリテーション、
職員へのコーチングなどで関わっている組織があります。

最初は研修をやってもうまくいかない。
その場限りに終わってしまう。

組織を変えるために、本気になっている人は
一部の人だけ。

あれこれと助言しても、
その通りには動いてくれない。

そんな状況の中、とても悩みました。



―――――――――――――――――――――――――
誉めても、叱りつけても どのように接したとしても
 人は、それに応じた育ち方をする

 子をみれば、親がわかり
 部下をみれば、上司がわかり
 社員をみれば、社長がわかる
 人は育てたように、育っている

 相手が本気にならないのは、
 自分が本気になっていないから
怒らないとやらないのは、怒ってやらせてきたから
 まわりが助けてくれないのは、
 自分がまわりを助けてこなかったから

 つまり
他人を変えたければ、自分を変えれば良い
 人を育てたければ、
自分が成長することを楽しむことである

メンタリング・マネジメント―共感と信頼の人材育成術

――――――――――――――――――――――――

多くの企業を上場させてきた、福島正信氏。

現在、東京中の少・中・高で導入が検討され、
 日本各地、世界のあちこちで開催されている
 ドリームプランプレゼンテーションの仕掛け人です。

 この本に書いてあることは言われれば当たり前のこと。
 アマゾンのレビューを見ると、

精神論が多いだとか、
目新しい記述がない

という記載もあった。

こういった類の本をあまり読んだことがないため、
はじめて読んだときには、衝撃を受けた。

しかし、読書家の人からしたら、
どこの本にも書いてある内容なのかもしれない。

ただ、僕は救われた。

まず、自分が本気になって関わっていないことを
反省した。
まず、自分のやる気をみせるために、
徹夜でその組織のためにできることをしたこともある。

上から目線で教えたり助言するのではなく、
精いっぱい言葉でも行動でも応援した。

助言よりも、先方の意見を聴くことにした。

人はそう簡単には変わらない。

しかし、じわりじわりと変化が起こってきた。
ひとり、またひとりとやる気になって、
とりくむ人が増えてきた。

ずっとずっとAさんに、

「○○してはどうですか?」

と提案していた。

でも、なかなか受け入れてもらえなかった。

人はそんなに簡単には変わらない。

ある時、私が○○について楽しそうに話していると、

「私も○○を学んでみようかな」

と言ってくれた。

自分が楽しそうにしている姿を見せれば、
人には伝わるんだということをしった。

精神論こそ、具体的手法を求めるのではなく、

自分なりに何ができるかに落とし込んで、
試行錯誤しながら、
長い目で見ながら辛抱強く続けることで、
自分なりのノウハウが肚落ちすると

いまでは思えるようになった。




関連記事

  1. 組織の文化作り

  2. 今日、気に入った言葉

  3. 感謝の気持ち

  4. あなたの中のグレムリンを探せ

  5. 「やればできる」の研究

  6. インナーワーク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

ページ上部へ戻る