閉じる
閉じる
閉じる
  1. 経営者の価値観と従業員の価値観
  2. トニー・ブザン先生ありがとうございました。
  3. 公園でこんな光景を見てしまった
  4. 子どもの作品展示会から感じたこと
  5. モデリング講座
  6. ベストセラー作家の大岩さんとお茶してきました
  7. 受講生さんへのフィードバック
  8. インプットとアウトプットと・・そして・・・
  9. U理論ワークショップに参加してきます
  10. 社員の能力をひきあげる指導 伊那食品工業の見学より
閉じる

学び続ける大人のためのブログ

興味をもつということについて

ピアノ

これ、子供が作った作品です。

何かわかりますか?
 *この記事はフェイスブックに書いた記事です。


「パパできたよ!」と言われて、

「かっこいい車だね。戦車みたいだね」

と言いました。

でも、その後、ものすごく反省し、
この記事を投稿している今も悩んでいます。

「パパできたよ!」と言われて、

「かっこいい車だね。戦車みたいだね」と言ったら、

「ピアノだよ」と。

子供たちからしたら、一部が階段状になっているためか、
ピアノだそうです。
実際に、これでピアノを弾く動作をしていました。

僕の脳は(脳のメモリ―節約のため?)、
できるだけ簡単に理解する習性があるようです。
すぐに名前をつけて処理してしまう癖があるようです。

 戦車だとか、車だとか・・・・

ろくに観察もしないで・・・・

いつの頃から、僕の脳は
興味を持つことや、
観察することを忘れてしまったのだろう・・・・

これは仕方のないことなのだろうか・・・・

もっともっと、
観察力を磨いて、
どんなことにも興味を持ち、
ドーパミンを分泌しまくりたい!

では、どうしたら子供のように
いろんなことに興味を持ち、
純粋に観察できるのだろう・・・・

と悩んでいたら2時間くらい経ってた

という話。

僕は一度こういうことを考え始めると
それにとらわれてしまうようです。

会議中にも、
「杉浦さん、また他ごと考えてたでしょ!」

と叱られることがあります。

でも、好きなんだもん。

でも、ごめんなさい。

そして、読んでいただきありがとうございます。




関連記事

  1. 日本が生んだ天才

  2. もうすぐ、マインドマップアドバイザー講座 第Ⅱ期スタート

  3. バッティングセンター

  4. 自主性を育てるために欠かせない事

  5. 質問の語源について

  6. 大坂で出会ったタクシー運転手さん

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

ページ上部へ戻る