閉じる
閉じる
閉じる
  1. 経営者の価値観と従業員の価値観
  2. トニー・ブザン先生ありがとうございました。
  3. 公園でこんな光景を見てしまった
  4. 子どもの作品展示会から感じたこと
  5. モデリング講座
  6. ベストセラー作家の大岩さんとお茶してきました
  7. 受講生さんへのフィードバック
  8. インプットとアウトプットと・・そして・・・
  9. U理論ワークショップに参加してきます
  10. 社員の能力をひきあげる指導 伊那食品工業の見学より
閉じる

学び続ける大人のためのブログ

稲盛和夫氏の成功の方程式を研修にあてはめてみた

稲盛和夫の成功の方程式


人生の結果 = 能力 × 熱意 × 考え方




研修の内容を考える時も、
だいたい、これにあてはめて考えている。

能力・スキル部分へのアプローチのみでよいのか?
情熱・考え方へのアプローチも必要なのか?

スタッフ間のコミュニケーションがとれていません。
コミュニケーション研修をしてください。

と言われる。

っで、何もリサーチしないで、
コミュニケーションのスキル研修をやってしまうと、
ほとんど効果がでないこともある。

なぜならば、
その組織の風土や雰囲気になんらかの問題があり、

お互いにコミュニケーションをとろう

という情熱がないことがあるから。

何が問題で研修をお願いしてきているのか?
隠れた真にニーズは何なのか?
 *失礼な話だが、「企業名 不祥事」というように
 検索して、研修をお願いした背景を調べることも
 時には必要。

を考える必要ある。

そして、

・能力
・考え方
・情熱

どこにどれくらい重きを置くかを考えて
研修を組み立てる。

情熱部分に関しては、
トップが変わらないといけないことも多いし、
長期的な研修計画が必要なこともある。






関連記事

  1. どうして覚えられるのか?~記憶の原理原則~

  2. ゾーンに入るためのコーチング

  3. 第2回 アクションラーニング体験会

  4. 夢を語るということについて

  5. 共通言語を使う

  6. 6月1日 アクションラーニング(質問会議)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

ページ上部へ戻る