閉じる
閉じる
閉じる
  1. 経営者の価値観と従業員の価値観
  2. トニー・ブザン先生ありがとうございました。
  3. 公園でこんな光景を見てしまった
  4. 子どもの作品展示会から感じたこと
  5. モデリング講座
  6. ベストセラー作家の大岩さんとお茶してきました
  7. 受講生さんへのフィードバック
  8. インプットとアウトプットと・・そして・・・
  9. U理論ワークショップに参加してきます
  10. 社員の能力をひきあげる指導 伊那食品工業の見学より
閉じる

学び続ける大人のためのブログ

春日井市での医療関係者向けコーチング講座

玄関

先日、こちらの会場でケアマネさんケアスタッフ向けの
コーチング研修をさせていただきました。

ホワイトボード

反省点が多い研修でした。


前回も春日井市で同様の研修をさせていただいたのですが、
列車事故のため、駅に到着したものの、
タクシーがまったくつかまらない。

講座運営者に迎えに来ていただき、
1時間ほど遅刻してのスタートとなりました。

反省をし、今回は2時間前に会場に到着。

内容を最終チェックし、
イメージトレーニング。

また、ちょっとした言葉の言い回しなども
考えて研修にのぞみました。

会場に参加者さんが入ってきて・・・・

「あっ、やばい!思ってたよりも年上の方が多い・・・」

つかみとして用意していたネタはタレントの
向井理さんの話。

知らない人には伝わらないかもしれない・・・

そういった不安が少しでもよぎると、
参加者さんの表情がとても気になります。

無表情で聞いている方、メモを取らない方は、
何を今感じているのだろう・・・

つまらないかなー。

そんな考えが時々よぎりながらの研修。
そういった時は、こちらの不安が伝わってしまうもの。

皆さんよい人ばかりで積極的にワークしていただけた方が
多かったのですが、

僕の中で、参加者さんを信じる気持ちや
参加者さんの受講後のアフターイメージが
ゆらぎはじめました。

結果はアンケートを見てみないとわかりませんが、
事前のイメージトレーニングで、
あらゆる年齢層をイメージすることや、
ネタは2、3個用意しておくことの必要性を
改めて実感しました。

ただ、自分の中で頑張ったなと思えたのは、
つまらなそう(僕がそう決めつけていた)に聞いていた方に
休憩や終わった後に、話しかけられたこと。

そしたら、蛍光ペンで線を引きながら聞かれていたようで、
質問もいただきました。

こちらが弱気になると、勝手に、
「つまらなそうな顔してるな」とか、
そういう決めつけた解釈をしていたことに気付きました。

もっともっと、イメージトレーニングや
準備しなきゃ。

そう学べた研修でした。

杉浦

研修のアンケート結果:
とても面白かった:57%
面白かった:31%
普通:9%

 ~無料レポート~
高い業績をあげる強いチームの作り方は
こちら

関連記事

  1. コミュニケーションの練習方法

  2. 今年1年ありがとうございました。

  3. スタンフォード白熱教室流ブレスト体験会

  4. 学習とアウトプットということについて

  5. 育むという言葉

  6. 部下指導ができないという思い込み

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

ページ上部へ戻る