閉じる
閉じる
閉じる
  1. 経営者の価値観と従業員の価値観
  2. トニー・ブザン先生ありがとうございました。
  3. 公園でこんな光景を見てしまった
  4. 子どもの作品展示会から感じたこと
  5. モデリング講座
  6. ベストセラー作家の大岩さんとお茶してきました
  7. 受講生さんへのフィードバック
  8. インプットとアウトプットと・・そして・・・
  9. U理論ワークショップに参加してきます
  10. 社員の能力をひきあげる指導 伊那食品工業の見学より
閉じる

学び続ける大人のためのブログ

コミュニケーションの練習方法

「どうもあの人は苦手です。」

「どう接したらいいのかわからない。」

仕事やプライベートでそういった悩みを
持っている方が多いようです。

「杉浦さんはどうやってコミュニケーションの
トレーニングをしているのですか?」

と聞かれることがありますので、
現時点で考えていることを書いておきます。

私はメンタルコーチングをしていますので、

   -スキルトレーニングは大切か?-

相槌、会話途中に切り込んで質問する、
相手のペース・トーンに合わせて聴く、
質問をする時の声のトーン・・・

こういったスキルもトレーニングしていますが、
もっと大切なことがあります。

それは、相手をよく観察することです。

どんな会話で表情が変わるのか?
どの言葉(キーワード)に力がこもっているのか?
どこでトーンがあがるのか?
相手の表情の変化
楽しい話をしている割には表情が無表情だなぁ

そういったことを考えているというよりは、
観察しながら、感じているという感じです。

コーチングの師匠に言われたのは、
コーチングをしている時は、100%相手のために
そこにいる。

ということ。

あれこれ考えない。
判断をしない。
ただ、感じている。

そういった姿勢でいるように心掛けています。
もちろん、人間ですから考えてしまったりすることは
ありますが・・・

ですから、まず何から練習したらよいですか?
と聞かれたら、

ただ、観察していてください。
相手の表情やトーン・スピードが変わりますので、
その変化をただ楽しんでください。

そのような回答をするようにしています。

相手に変化が起こっているのに気付かずに、
相変わらず同じトーンで相槌を打っていたら、
会話の盛り上がりが起こりませんので。

-妻が教えてくれたこと-

妻が面白いことを教えてくれましたので、
シェアーしておきます。

妻がマンションの管理会社の方と電話をしていました。
ある程度要件を伝えたあと、

「ありがとうございますぅ~、そうなんですか~
助かります~」

とめっちゃ感謝していました。

電話が終わった後、
妻に伝えました。

「めっちゃいい、感謝してるね」

そういうと妻が教えてくれました。

「だって、ああやって感謝したら相手の人の声のトーンが
すごく変わるんだよ」

「相手は、クレーム電話とか多くて恐縮していることが
多いでしょ。
だから、ちゃんと感謝を伝えるとすごく喜ぶんだよ」

よく観察(意識して観察しているわけではなく)いるなーと
感心してしまいました。

また相手の立場を考えた優しさというものを
妻から教えてもらいました。

研修でもよくお伝えしていますが、
人間関係を改善したり、
苦手な人との接し方で、
あれこれ考えたり、コミュニケーションの本で学ぶよりも、
まず、感謝したいことがあれば、心をこめて感謝する。

そういったシンプルなことを実践すること。
感謝ひとつをちゃんと極めること。

そういった小さな事の積み重ねの方が
大切だと思っています。

一緒に、感謝のプロになりましょう!

 

 

関連記事

  1. すぐに効果を実感できる本の紹介(メンタルヘルス編)

  2. 悩みロボの話

  3. 部下育成のための勉強会のご案内(赤ペン)

  4. ゼロおばさんから学ぶんだこと。

  5. 社員が主体的、積極的になる方法

  6. イメージを使った問題解決や願望実現

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

ページ上部へ戻る