閉じる
閉じる
閉じる
  1. 経営者の価値観と従業員の価値観
  2. トニー・ブザン先生ありがとうございました。
  3. 公園でこんな光景を見てしまった
  4. 子どもの作品展示会から感じたこと
  5. モデリング講座
  6. ベストセラー作家の大岩さんとお茶してきました
  7. 受講生さんへのフィードバック
  8. インプットとアウトプットと・・そして・・・
  9. U理論ワークショップに参加してきます
  10. 社員の能力をひきあげる指導 伊那食品工業の見学より
閉じる

学び続ける大人のためのブログ

パーソナルモデリング講座 IN東京

先週の土曜日は、東京で、
パーソナルモデリング
(人の真似をするだけで、3倍以上のスピードで成果がでる技術)

の講座の後半部分を担当させていただきました。

埼玉

講座のコンテンツに絡む話ですので、
詳細はお伝えできませんが、

人が成長するために必要な最初の一歩は何か?
というようなこともお伝えしました。

社員を育成するために絶対に必要なこととは・・・・


目の前に部下がいるとします。

その部下に足りないスキルがあるとします。
結果も出せていません。

そのような状況の時、まず何をしたらよいでしょうか?

・スキルを教える
・やれという
・根性出せという

例えば、スキルを教えるとします。

その部下に足りないスキルについて具体的に教えた。

部下は聞いているけれど・・・・

・やらない、行動しない
・言われたことと違うことをやっている

そのようなことってありませんか?

では、そのような時にどうしたらよいのか?

その解決になるような話です。

私はドクター時代、救急救命室で働いていたことが
ありました。

軽傷の方ではなく、
交通事故や心筋梗塞、脳出血、心肺停止・・・

そのような重症の方が運ばれてきます。

心肺停止の方には、人工呼吸や心臓マッサージをしつつ、
血管を探し、点滴ルートを確保しなければなりません。

通常でしたら、心臓が動いていますので、
血管を探すのは簡単です。

しかし、心臓が止まっていると、血液の流れがなく、
血管を見つけにくくなるのです。

一刻を争います。

針を刺しても、血管が見つからない・・・

腕の細い血管では無理と判断すれば、
太もものつけねに、太い針をさします。

それでも、見つからないことがあります。

私が右足に針を刺している時、
先輩ドクターは、左足に針をさしています。

新米ドクターの私にはできないことを
先輩ドクターはすぐにできるのです。

太ももの血管は、皮膚の奥深くにあるため、
針が血管に刺さった時の感覚だけを頼りに、
刺します。

私には、まだその感覚がつかめていませんでした。

悔しかった・・・・
未熟でした・・・・

それから私は、

細いコード(アイフォンの充電コードくらいのもの)の上に、
厚い布をかけ、

その布の上から、細いコードに針を刺す練習を
何度も家でしました。

次第に、上達していきました・・・・

私は、自分の未熟さを受け入れたことで、
練習方法を思いつき、トレーニングを重ねました。

人が変わるきかっけは・・・・

できない現実を受け入れることです。

部下指導をするのであれば、
まず教えるのではなく、

できていない現実を受け入れられるよう
サポートすることです。

人材育成の方法と学び方の目次は

こちら

関連記事

  1. ブレインチェンジメソッドの実践 出会い編

  2. 潜在的な能力を発揮して結果を出す という類の話

  3. 弁護士法人 心(こころ)さんの訪問 1

  4. 残業なしで業績を伸ばし続けている幸せな会社を訪問しました。

  5. プライベートで嬉しかったことがあったので報告させてください。

  6. 営業が得意な方の脳をコピーした

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

ページ上部へ戻る