閉じる
閉じる
閉じる
  1. 経営者の価値観と従業員の価値観
  2. トニー・ブザン先生ありがとうございました。
  3. 公園でこんな光景を見てしまった
  4. 子どもの作品展示会から感じたこと
  5. モデリング講座
  6. ベストセラー作家の大岩さんとお茶してきました
  7. 受講生さんへのフィードバック
  8. インプットとアウトプットと・・そして・・・
  9. U理論ワークショップに参加してきます
  10. 社員の能力をひきあげる指導 伊那食品工業の見学より
閉じる

学び続ける大人のためのブログ

部下が行動しないたった一つの理由は〇〇だ!

おはようございます。
人材育成コンサルタントの杉浦です。

何度言ってもなかなか言われたことをやらない
部下がいる。

例えば、
「会議の前には事前に時代を提出するように」

という社内ルールがあるにも関わらず、
*徹底されていない時点で、ルールとは言えませんが・・・

いつも、会議の途中で、

「あのぅ、ちょっとお伝えしたいことがありまして・・・」

と口を挟んでくる部下。

この場合、どうしたらよいかというと、
考えられる原因は・・・・

あなただったら、


何度言ってもなかなか言われたことをやらない
部下がいる場合、

原因は何だと考えますか?

ここで注意しないといけないのは、
原因はいくつもある、ということです。

きっと、〇〇が原因に違いない!

と考えると、部下指導はうまくいきません。

では、いくつ原因があるかというと、
シンプルに整理すると、

ほとんどの問題の原因は、
7つにまとめられます。

心理学の話で、少し難しいですが、
私が心理学やコーチング・カウンセリング、
ファシリテーションを学んだ師匠のメルマガの内容を
紹介します。

――――――――――――――――――――――

ひらもとです。

私の心理の専門家として最初の10年は、
臨床現場を持った心理カウンセラー、
福祉系専門学校での心理学講師だった。

心理相談室や病院で、心理的なアプローチで関わったり、
精神科医と協力しながら、重度の精神障害を取り扱ったり。


一方で、この15年は、経営者やトップアスリートが、
さらにパフォーマンスをあげるために、という視点で、
瞑想やカウンセリング、コーチングを融合してきた。


実は、
世の中のカウンセラーは、

自分で気づかないうちに、
様々な【意図】のもと、カウンセリングを実施している。

『どこに意識が向いているか』、その9つの類型は・・・
①クライアントの問題/症状

②クライアントの目的や解決像

③客観的な診断(DMSなど)

④クライアントの主観や内的物語り

⑤環境や状況からの影響要因

⑥クライアントの対人関係と問題の相手役

⑦カウンセラーとの精神的つながり、感情的な一体感

⑧ただ話しを聞く、実存的なアプローチ

⑨各流派の理論やカウンセラーの経験的アプローチの投影


まず、
カウンセラーが自分自身の、
自分がやっているアプローチに気づいていることが大事。


そして、

ひらもとが
東京大学大学院とシカゴのアドラー心理学専門大学院、
世界中の、数百の心理療法やセラピーの流派を研究し、
10年の臨床現場でのケースを類型化したところ、、、、

うつも、パニックも、問題行動も、対人不安、身体的症状、
心のブレーキ・・・など、

ありとあらゆる問題の症状は、



『7つの心理的症状の発生要因』

を共感的に、引き出すことで、適切な対処法を、
見極めることが出来ることを発見した!!!



①症状の目的(無意識にその症状を使って、得たいものがある)

②気にし過ぎ、考え過ぎからくる不安、心配(未来や人に対して)

③幸せ像やそこに至る手段が不明確(どうなればいいか不明瞭)

④引き金となる出来事(快や苦痛と結びついた条件反応=症状)

⑤混乱、思考の整理のつかなさ(自分の処理能力を超えた課題)

⑥スキル不足(課題そのものへの技能や対人スキルの不足)

⑦トラウマとなる原体験(人格形成に影響を与えてしまった)


『7つの心理的症状の発生要因』がわかると、
あとは、「行動レベル」「認知レベル」「情動レベル」
各アプローチを組み合わせることで、必ず、
クライアントの症状は改善に向かう。

――――――――――――――――――――――――

何度言ってもなかなか言われたことをやらない
部下がいる時、

あいつはやる気がない
という理由で片付けるのではなく、

例えば、
スキル不足が考えられるのならば、
会議前の議題の整理の仕方を教える必要が
あるかもしれません。

幸せ像やそこにいたる手段が不明確な場合は、

そもそも議題を事前に出すことにどのような意味があり、
それを出すことでどう会社や本人が変わっていくのか?

を示す必要があります。

杉浦

 

関連記事

  1. 悩みが多い人と少ない人は、何が違うのか? 3

  2. インド編 決断力を高めるために私たちができること 1

  3. 研修に参加した部下に行動変容が起こる研修とは?

  4. こちらが思った通りに相手が動いてくれないワケ

  5. インド編 「子育てで一番優先すべきことは何ですか?」 という質問…

  6. 夏休みにバイトに来た高校生の教育ってどうしていますか? という悩…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

ページ上部へ戻る