閉じる
閉じる
閉じる
  1. 経営者の価値観と従業員の価値観
  2. トニー・ブザン先生ありがとうございました。
  3. 公園でこんな光景を見てしまった
  4. 子どもの作品展示会から感じたこと
  5. モデリング講座
  6. ベストセラー作家の大岩さんとお茶してきました
  7. 受講生さんへのフィードバック
  8. インプットとアウトプットと・・そして・・・
  9. U理論ワークショップに参加してきます
  10. 社員の能力をひきあげる指導 伊那食品工業の見学より
閉じる

学び続ける大人のためのブログ

少しでも早く成長して欲しい経営者と、なかなか成長できない部下の話

おはようございます。
人材育成コンサルタントの杉浦です。

部下の営業に同行していて、

「いやーあの社長、なかなか大変ですね」

という部下。

上司:
「いやいや、あの場面で、どうして●●をヒアリングしなかったの?
何度もその必要性を伝えているはずだろ?」

上司が望むレベルと部下のレベルに
かい離があるのは当たり前かもしれません。

でも、上司としては、できる限り早く

自分と同じレベルのことが
できるようになってほしい。

では、どうしたらいいのか・・・・
ブロッコリー

家族と朝食を食べていた時。

塩ゆでしたブロッコリーをそのまま
パクリと食べる私。

ブロッコリーの素材の香りが感じられるので
ドレッシングをかけない。

ブロッコリーに、ドレッシングをかけようとする
子ども。

私:
「なっちゃん、ブロッコリーは
そのまま食べてもおいしいよ」

と。

私がおいしいと思うことを子供に伝える。

子どもは反論する。

子ども:
「やだ、味がないもん」

ついつい私は、
自分と同じ事を相手もできると思ってしまいます。

脳の構造上、仕方がないことなのですが、
自分と同じ事を求めすぎると、
人は育ちませんし。

時に、反発・抵抗してくることもあります。

「パパ、うるさい。もう、ブロッコリー食べない!!」

ああ、また私の意見を押し付けてしまった・・・

と反省。

人材育成のコツは、
部下の能力が現在、5ならば、

5.1レベルの課題を与えること。
です。

娘は今、7歳です。

単純に、年齢から考えると、
私が42歳で、娘は7歳。

娘にいきなり42歳レベルのことをさせる事は、
(素材の旨みを楽しむ)
とてもハードルが高いようです。

まずは、7.1とか、7.2レベルの課題を
与えること。

それくらいでしたら、
娘も、抵抗することなく聞いてくれるかも
しれませんね。

「苦手なお野菜、今日は半分でも食べれたら
金メダルだね」

これができれば、

娘は、7.2にレベルアップします。

杉浦

追伸:
人材育成のコツは、小さな階段を確実に登らせること

です。

 

関連記事

  1. 弁護士法人 心(こころ)さんの訪問 1

  2. 研修に参加した部下に行動変容が起こる研修とは?

  3. 人材育成セミナー(名古屋)の開催報告と恥ずかしい話

  4. 人材育成に欠かせないこと(お手伝いより)

  5. インド編 決断力を高めるために私たちができること 1

  6. 女子従業員とうまくやっていくには? という話

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

ページ上部へ戻る