閉じる
閉じる
閉じる
  1. 経営者の価値観と従業員の価値観
  2. トニー・ブザン先生ありがとうございました。
  3. 公園でこんな光景を見てしまった
  4. 子どもの作品展示会から感じたこと
  5. モデリング講座
  6. ベストセラー作家の大岩さんとお茶してきました
  7. 受講生さんへのフィードバック
  8. インプットとアウトプットと・・そして・・・
  9. U理論ワークショップに参加してきます
  10. 社員の能力をひきあげる指導 伊那食品工業の見学より
閉じる

学び続ける大人のためのブログ

悩みが多い人と少ない人は、何が違うのか?

おはようございます。
人材育成コンサルタントの
杉浦です。
仕事をしていると、
いろいろと問題が起こりますし、
うまくいかない事も多く、
失敗の連続です。
悩みがゼロになる事は、
ないかもしれません。
悩む吹き出し

ただ、悩みを減らす事はできますし、
悩みが少なければ、
脳のメモリーを、

悩みではなく、
本来やるべき事や、生産性を上げるために、
使う事ができます。
ところで、
悩みが多い人もいれば、
少ない人もいます。
何が違いを生み出しているのでしょう?
医学の分野でも、
東大を中心に研究されていて、

●な特徴をもつ人は、
メンタル不調になりにくい、
悩みが少ない。
という事は分かっています。
企業としては、そのような人を人材として採用できれば、
社員がメンタル不調に陥ったりすることは少ないですし、
そのような人は、問題が起きても自ら解決していきます。

ただし、
内容も、実践もちょっと
難しいのです。
一方、
難しい理屈を抜きにして、
悩みの量を
簡単に減らせる方法が
あります。

それは・・・・


一番簡単にできるのは、

悩みを悩みのまま、放置しないことです。

具体的に言いますと、

「上司に●●の件を伝えるべきかどうか
迷っている。どうしよう・・・」

と考えているでけでは、
悩みは解決しません。

このように、

どうしようで終わるパターンを

どうしよう病

と私は呼んでいます。

一方で、悩みが少ない方はどうしているのかというと、

「じゃあ、解決するためにとりあえず、何をしよう」

と考えます。

100%の解決ではなくて、
とりあえずの一歩を考えて行動します。

たとえば、上司に伝えようかどうか迷っている場合は、

とりあえず、T先輩に相談しよう!と行動を決めて、
実際に動きます。

これができる人は、悩みが減っていきます。

杉浦

追伸:
身体を動かせば、悩みも動き出す。

くらいの気持ちで、
とりあえず、何かしてみることがおススメ。

関連記事

  1. 年商100億企業の社長からお聞きした話

  2. 観察力① この写真を見て、何に気づきます?(10秒以内でお願いし…

  3. インド編 「子育てで一番優先すべきことは何ですか?」 という質問…

  4. トップ営業マンの頭の中を体系化

  5. 僕はこの前の土曜日に、商売のセンスが少しアップしたかもしれない …

  6. 駐車場混んでるかなあという深刻すぎる悩みの解決策

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

ページ上部へ戻る