閉じる
閉じる
閉じる
  1. 経営者の価値観と従業員の価値観
  2. トニー・ブザン先生ありがとうございました。
  3. 公園でこんな光景を見てしまった
  4. 子どもの作品展示会から感じたこと
  5. モデリング講座
  6. ベストセラー作家の大岩さんとお茶してきました
  7. 受講生さんへのフィードバック
  8. インプットとアウトプットと・・そして・・・
  9. U理論ワークショップに参加してきます
  10. 社員の能力をひきあげる指導 伊那食品工業の見学より
閉じる

学び続ける大人のためのブログ

自主性を育てるために欠かせない事

10月1日(土)。
あと3か月で2016年が終わりますね。

この10か月を振り返ってみると、
家族との時間が増えた、年だったように思います。

おはようございます。
人材育成コンサルタントの杉浦です。

10分間掃除

朝5時頃・・・・

子ども(小1)が、

「パパ、早く起きて、おうちの掃除したい」

と言います。



杉浦家では、

10分間掃除

という週末の儀式?があります。

年末に一気に大掃除をするのではなく、
10分程度の掃除をコツコツとする習慣を
つけるために、
家族全員で行っています。

もともとは、夏休みに入った娘たち(小1の双子です)に
夏休みを利用して、成長してもらいたくて、

・掃除(自分たちの本棚と家)
・洗濯物干し、洗濯物をたたむ
 *相当上手にたたみますよ
・料理の手伝い、食器の片付け

を一緒にやることにしました。

夏休みの間は、2日に1回くらいは、
掃除をしていたのですが、

学校が始まり、
宿題、ピアノの練習、遊び・・・・と忙しくなり、

また、掃除する場所がなくなってきたので、
週末だけ、10分間の掃除をすることになりました。

親が、〇〇を掃除しなさい

と命令するのではなく、

「どこを掃除したい?」と質問します。

「お風呂(水遊びができるから)」
「リビングの掃除」
「トイレ、あっ、やっぱり嫌だ」
「玄関」
「テレビの水拭き」

などと、

自分たちで掃除の場所を決めて
もらいます。

夏休みから続けていますので、
習慣になってきましたが、

ついつい、忘れてしまうことがありますので、

「明日、10分間掃除しようね」

とだけは、言うようにしています。

最近では、
朝起きるとすぐに、
 *前は、起きてすぐユーチューブを見ていましたが・・・

「パパ、掃除しよ」

と言うようになりました。

我が子ながら、立派になってくれたなーと
関心しているのですが、

自主的に掃除できるようになってきた
コツをあげるとするなら、

楽しい

ことだと思います。

社員の自主性を高めるような研修をしてほしい
自ら考える社員を育てて欲しい

研修をしている方なら、
そのような要望を聞くことが多いと思いますが、

これまでに、
自主性を高めるような取り組をしてこなかった組織が、
研修をしたところで、
社内の、無自覚の習慣が変わらない限りは、

研修をしても変化は起こりにくいと思います。

では自主的な社員に育ってほしい場合、
どうすればよいかというと、

一番簡単なのは、

楽しくできるような工夫を、
上司が(本人も)することだと思います。

時計で10分間のアラームをセットし、

「準備いい? はじまるよ!」

と、楽しいことがはじまりそうなムードを出す。

途中、残り時間を見て、

「あと2分しかないよ。終われる? いそげ~~」と
声をかける

もちろん、パパもママも一生懸命掃除する。

そして、終わった後には、

掃除した場所チェックがあります。

全員そろって、
お互いの掃除した場所を見て回り、

掃除した人:「ここをこんな風に掃除しました」

他の人  :「ありがとうございます」

このように、自分のためではなく、
家族のために掃除をすることを、

習慣の中で覚えていっています。

人のために何かをするのは、
丸一日かかったら嫌かもしれませんが、

10分くらいなら、貢献欲いっぱいで
行うことができると思います。

仕事なんだから、楽しさはいらない

という意見もあるかもしれませんが、

自主的に続けてもらいたいなら、

楽しくする努力はされてもいいと思います。

杉浦

関連記事

  1. マネジメントとは・・・・

  2. 世界初勉強会の案内

  3. 安心・安全の欲求

  4. タクシーの運転手さんから教えていただいた話(リピーターを増やすに…

  5. 広告を見て思うこと

  6. せかいはつ勉強会終了

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

ページ上部へ戻る