閉じる
閉じる
閉じる
  1. トニー・ブザン先生ありがとうございました。
  2. 公園でこんな光景を見てしまった
  3. 子どもの作品展示会から感じたこと
  4. モデリング講座
  5. ベストセラー作家の大岩さんとお茶してきました
  6. 受講生さんへのフィードバック
  7. インプットとアウトプットと・・そして・・・
  8. U理論ワークショップに参加してきます
  9. 社員の能力をひきあげる指導 伊那食品工業の見学より
  10. 心が温まった話
閉じる

学び続ける大人のためのブログ

問題を改善するための手っ取り早い方法とは?

おはようございます。
人材育成コンサルタントの杉浦です。

昨日は、入院している知人のお見舞いのため、
名古屋市内の某病院に行ってきました。

病院

大きな病院だからか、
どこが正面入り口なのかわからず、
探すのにひと苦労。

中に入ると、
あちこちに案内がいっぱい書いてあり、

どこに向かって歩いて行けば、
知人が入院している病棟に行けるのか
わかりません。

結局、事務員らしき方に嫌な顔をされながらも、
●●病棟の▲階への行き方を案内して
いただきました。
 知人はピンピンしていたので、ほっとしました。

病院に限らずですが、
案内がわかりにくいところって多い気がします。

ところで・・・

あなたがもし、そういった問題を改善するとしたら、
まず、何から始めますか?

 ・

 ・

 ・

 ・

私は、

「絶対にまず●●する!」という
自分なりの方法があります。

それをすれば、アイデアが次から次へと
でてくるからです。

実際の例としては・・・・

病院であれば、

すでにうまくいっている病院を視察に行きます。

案内の分かりにくさを改善したいのであれば、

案内がシンプルでわかりやすいところを、

実際に、観にいきます。

コンサルをする時も、

まずはブレスト

ではなく、

すでにうまく行っている事例があるわけですから、

1:うまくいっているところを観に行く

  ↓

2:ブレスト

の順で行うように提案しています。

実際に、日本一と言われる病院である、

千葉県の亀田総合病院を観に行きました。

亀田総合の記事

 (↑ 2014年9月の記事です)

何かを改善したいのであれば、

すでにうまくいっているところから、
実際に観て学ぶ

これが、手っ取り早い解決策だと
思います。

杉浦

追伸:
昨日は、さんまとご飯を一緒に炊いて、
30分ほどかけて、骨をとり、
さんまご飯を作りました。

子どもも妻も、おかわりしてくれたので、
うれしかったっす。

さんまごはん

関連記事

  1. 社員の能力をひきあげる指導 伊那食品工業の見学より

  2. 夏休みにバイトに来た高校生の教育ってどうしていますか? という悩…

  3. 人から応援される人と応援されにくい人の違い

  4. 片付けができない

  5. 弁護士法人 心(こころ)さんの訪問 1

  6. 弁護士法人 心(こころ)さんの訪問 2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る