閉じる
閉じる
閉じる
  1. 経営者の価値観と従業員の価値観
  2. トニー・ブザン先生ありがとうございました。
  3. 公園でこんな光景を見てしまった
  4. 子どもの作品展示会から感じたこと
  5. モデリング講座
  6. ベストセラー作家の大岩さんとお茶してきました
  7. 受講生さんへのフィードバック
  8. インプットとアウトプットと・・そして・・・
  9. U理論ワークショップに参加してきます
  10. 社員の能力をひきあげる指導 伊那食品工業の見学より
閉じる

学び続ける大人のためのブログ

年商100億企業の社長からお聞きした話 ②

おはようございます。
人材育成コンサルタントの杉浦です。

shutterstock_340334069

少し前の記事の続きになります。

『ビジネスは掛け算』

という言葉があるけど、
本質がわからずに、
頭で理解して、その言葉を使っている。

そう言う、社長。

では、社長にとって、ビジネスとは何でしょうか?

  前回の記事はこちら→ 年商100億企業の社長からお聞きした話 ①


Iさん:
「今の私には、ビジネスは掛け算です。
掛け算になっていくのです。

人脈も増え、社員も増え、組織も増えていけば、
掛け算になっていきます。

しかし、私のもとに相談に来る人の多くが、
目の前のことをコツコツとやらないで、

大きなことばかりやろうとしています。

起業当初やビジネスの立ち上げの時は、

ビジネスは足し案です。

私:
「どういうことでしょうか?」

Iさん:

「すぐにもうけようとするから、
顧客単価とか、集客とかばかり考えて、

そのような人が、

ビジネスは掛け算とか言っているんです。

まずは、目の前のお客様が何に悩んでいるのか?
何を欲しがっているのか?

を考えることです。

目の前のお客様ひとりひとりに、
喜んでいただくことです。

足し算なんです。

例えば私は、
鮨屋も経営していますが、

職人たちにいつも言うのは、

単価がどうこうではなく、

さっき来たお客様は、
何が好きだったのか?

最初にどういうお鮨を注文したいのか?

そういったことにまず
意識を向けるように。

そう教えています」

なるほど。

結果を出している人ほど、
目の前のお客様を大切にしなさいと
言われます。

本質は変わらないのですね。

Iさんは、また、

「過去は変えられないとか変えられるとか
 言いますよね。」

そういう考え方も間違っていると、
おっしゃっていました。

続く。

追伸:
朝晩すっかり寒くなって、

毎晩、娘と布団のとりあいです

関連記事

  1. ラジオ出演報告

  2. 誰とでもすぐに友達になってしまう方法

  3. 地域のリソースを活用するということ

  4. 看護士の皆さん

  5. DRIVE(ドライブ):ダニエル・ピンク

  6. 真っ先にお皿を片付けることについて

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

ページ上部へ戻る