閉じる
閉じる
閉じる
  1. トニー・ブザン先生ありがとうございました。
  2. 公園でこんな光景を見てしまった
  3. 子どもの作品展示会から感じたこと
  4. モデリング講座
  5. ベストセラー作家の大岩さんとお茶してきました
  6. 受講生さんへのフィードバック
  7. インプットとアウトプットと・・そして・・・
  8. U理論ワークショップに参加してきます
  9. 社員の能力をひきあげる指導 伊那食品工業の見学より
  10. 心が温まった話
閉じる

学び続ける大人のためのブログ

真っ先にお皿を片付けることについて

おはようございます。
人材育成コンサルタントの杉浦です。

今日は、ルールを決めることは
こんなにもメリットがあるという話と、

ルールを決める時の注意点についてです。

マイルールや企業のルールなど。

自分のルールや社内のルールを作って、
ちゃんと守るのは結構大変です。

理由としては、

ルールの浸透に時間がかかっているからかも
しれませんし、

ルールが難しすぎて、作った人たちも守れないもの
だからかもしれません。

他にも・・・

ルール


我が家のルールです。

ルールに優先順位が決められていない会社が
多いです。

たとえば、

・効率を追求しましょう

というルールと

・安全を心がけましょう

というルールがあるとします。

ではもしも、効率を追求しようとするあまり、
スピードをあげると、安全にできないという場合が
あります。

どちらかのルールを守ると、
どちらかのルールを破ってしまう。

そのような状況です。

ここに対応していない組織は、
*組織を観ていても、すごく多いですね。

社員が迷っていると、

「そんなことは、自分で考えろ!」と言います。

そのようなことをしていると、だんだんと
ルールがくずれていきます。

自分なりの理由をつけて、
ルールを守らなくなっていきます。

では、どうしたらよいかというと、
とても簡単です。

 

ルールを作るだけでなく、
ふたつのルールの間で判断に迷うものがある場合は、

ルールの優先順位を決めるのです。

昨日の朝・・・

私が食器を片づけようとしたら、妻が、

「片付けないで!」と言いました。

キッチンで子供たちの水筒の準備をしていたので、
キッチンに食べ終わった皿が並ぶのが
嫌だったようです。

しぶしぶ、片付けずに食べ終わった皿を
放置したのですが、

このような、その時々で

「片付けなさい。」
「今は、片付けないで」

とやっていると、

子どもたちは、

「いったいどっちなの?」と

判断に迷うようになります

お皿を片付けるのを第一優先とする。

そのようなルールが
我が家にも必要でした。

追伸:

今回のブログは、
妻への愚痴ではありません。

 

関連記事

  1. 時間がないという悩みの解決策

  2. 年商100億企業の社長からお聞きした話 ③

  3. 問題を改善するための手っ取り早い方法とは?

  4. 「どうしよっかなぁ」と迷った時にひらめいた話

  5. 伸びる社員と伸びにくい社員の違いについて考えたこと

  6. やたらと幸運が起こるという女性にインタビューをして教えていただい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る