閉じる
閉じる
閉じる
  1. トニー・ブザン先生ありがとうございました。
  2. 公園でこんな光景を見てしまった
  3. 子どもの作品展示会から感じたこと
  4. モデリング講座
  5. ベストセラー作家の大岩さんとお茶してきました
  6. 受講生さんへのフィードバック
  7. インプットとアウトプットと・・そして・・・
  8. U理論ワークショップに参加してきます
  9. 社員の能力をひきあげる指導 伊那食品工業の見学より
  10. 心が温まった話
閉じる

学び続ける大人のためのブログ

「対話とは何ですか?」と聞かれたらどう説明すればいいでしょうか?

おはようございます。
人材育成コンサルタントの杉浦です。

今日のテーマは、対話について。

「うまくいっていない組織には〇〇がない」

日本アクションラーニング協会代表清宮さんの言葉です。

〇〇に入る言葉は、

本日のテーマの、【対話】です。

会話もできているし、
議論もできているし、

でも、

対話ができていない組織があります。

shutterstock_221671327

コンサル先企業さんを見ても、

対話ができている組織は、
風通しがよく、物事が進むスピードが多いように

感じます。

逆に、

うまくいっていないように見える組織は、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

たいてい、対話がありません。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

対話は、組織の活性化に欠かせないと思うのですが、

ところで、対話って何でしょうか?

議論と対話の違いについて、

わかりやすい説明を聞きました。

参考になればと思います。

AさんとBさんが話をしている時に、

Aさんの意見をBに変えようとするのが、
議論です。

Aさんの考え:A⇒Bへ

Bさんの考え:B⇒Bのまま

では、対話とは何かというと、

AさんとBさんの考え方が、

Aさんの考え:A⇒A’

Bさんの考え:B⇒B’

に変化するのが対話です。

つまり、お互いの意見を聞くことで、

「なるほど、そういう考え方もあるな」と気づき、

自分の考え方を変化させる余裕を持った
会話の仕方とも言えます。

時には、対話をすることで、

Aさん、Bさんの考えから、Cという考え方も
生まれることがあります。

議論する姿勢ではなく、
対話をする姿勢で人の話を聞くことができる人が多い。

そのような組織や家庭は
なんとなく、組織の雰囲気がよさそうに感じます。

杉浦

追伸:
今日は妻と子供たちに握りずしを振舞います。

関連記事

  1. 保育園からのお便り(メンタルモデル~その1)

  2. うまくいっていない組織の共通点は?

  3. 学習とは?

  4. 震災とコルブの学習サイクル ~その1~

  5. 6月28日の午前に学習する組織の勉強会を行います。

  6. ジグソー学習とワールドカフェ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る