閉じる
閉じる
閉じる
  1. 経営者の価値観と従業員の価値観
  2. トニー・ブザン先生ありがとうございました。
  3. 公園でこんな光景を見てしまった
  4. 子どもの作品展示会から感じたこと
  5. モデリング講座
  6. ベストセラー作家の大岩さんとお茶してきました
  7. 受講生さんへのフィードバック
  8. インプットとアウトプットと・・そして・・・
  9. U理論ワークショップに参加してきます
  10. 社員の能力をひきあげる指導 伊那食品工業の見学より
閉じる

学び続ける大人のためのブログ

ししゃもに「ありがとう」と言いながら、想像力を鍛える話

おはようございます、
人材育成コンサルタントの杉浦です。

年末が近づいてくると・・・

・年賀状の購入しなきゃ
・年賀状用の写真を撮らなきゃ
・お歳暮についてそろそろ考えないと
・みかんを買いに行きたいなー
・クリスマスのケーキの準備
・今年の大みそかはどんなパーティーしようかな・・・

という毎年繰り返される行事の準備がありますし、

そこに普段の仕事もありますから、
どうしても忙しくなります。

中には、年末でなくても、
ずっと忙しいという方もいます。

忙しいのは決して悪いことではないと思いますが、
目の前の事、特に作業的なことに追われてばかりいますと、

職場の仲間や部下のことを気にかける余裕が
なくなったり・・・

本当は仕事に想像力を発揮して取り組みたいのに、
できなかったり、

そのようなことはありませんか?
 (私は作業に追われると、惰性で仕事をしている気分になります)

そのような時の対策として、

ししゃも

を活用する方法があります

ししゃも

どう活用するかというと・・・



朝食でししゃもがでてきたら、
 *もちろん、焼き鮭でもいいのですが・・・

そのししゃもの生涯を想像してみます。

どこの海で生まれて、どのように成長して、
兄弟たちとどのような遊びをして、
兄弟たちとどのような別れがあって、

そして、どこの海で漁師さんの網に
ひっかかって、

その時、どのような気持ちだったのか・・・

ご家庭でそのようなことを想像しながら、
子どもたちと一緒に
ししゃもに感謝しつつ、
いただいてもよいかもしれません。

何をお伝えしたいのかといいますと、

時間がないからできない

ではなく、

時間がないからこそ、知恵を絞って、
できる方法を考える

社員の想像力を鍛えたいのであれば、

社長がまず、
朝食を食べながらこのような

「ししゃもの一生を想像してみました」

という話をしてもよいかもしれません。

相手の気持ちを考えましょう!

という研修でよくこのワークをするのですが、

ししゃもの一生を想像することに、
バカバカしさを感じながらも、

結構、楽しんでもらえています。

杉浦

追伸:
「ししゃもを焼くと、フライパンにこげついて困ります。」

これは、主婦の代表的な悩みのひとつだそうですが、

うちの妻は、その悩みの解決策が見つかったそうです

関連記事

  1. タクシーの運転手さんから教えていただいた話(リピーターを増やすに…

  2. 子育ての名著を紹介します。

  3. 泣きそうになりながら・・・

  4. これからの時代は○○の人が有利な時代

  5. マインドマップは発散のためのツール?

  6. ひとり合宿

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

ページ上部へ戻る