閉じる
閉じる
閉じる
  1. トニー・ブザン先生ありがとうございました。
  2. 公園でこんな光景を見てしまった
  3. 子どもの作品展示会から感じたこと
  4. モデリング講座
  5. ベストセラー作家の大岩さんとお茶してきました
  6. 受講生さんへのフィードバック
  7. インプットとアウトプットと・・そして・・・
  8. U理論ワークショップに参加してきます
  9. 社員の能力をひきあげる指導 伊那食品工業の見学より
  10. 心が温まった話
閉じる

学び続ける大人のためのブログ

なかなか伝わらない部下にも、考え方を変えて伝えると、急に伝わりやすくなりますよ という話

こんにちは。
人材育成コンサルタントの杉浦です。

このような場面を想像してみてください。

家族でお出かけしようとしています。
そろそろ出発しないと電車の時間に間に合いません。

しかし・・・・

子どもはのんきに、お絵かきをしています。

「そろそろやめて、準備しようか」というと、

「うん、わかった」と言い、

色鉛筆やお絵かき帳を片付けます。

しかし、色鉛筆を削ったり、
丁寧に長さ順にそろえて片付けたり・・・・

のんびりです。

「ほんと、早く片付けて準備しないと、
 遅刻しちゃうよ」

と少しイライラしながら伝えます。

このような場面をなんとなく想像できますか?

もしも、この話があなたの家庭の話だとしたら、

「うちの子はどうしてこんなに、のんびりなのだろう?」

考えますか?

私だったらどう考えるかな?

と想像しながら、先をお読みください。

shutterstock_303306602

実は、企業の中でもこれと同じことが起こって
いると思います。

どういうことかというと・・・・


上司が、「〇〇をするように」と伝える。

でも、部下は期待通りにやれていない。

そのような場面に遭遇した時に、

「うちの部下は言われたことをやらない」とか
「うちの部下はモチベーションが低い」

などと、考える方がいます。

さて、先日から【考え方】ひとつで成果が変わる。

ということをお伝えしています。

うまくいかない人は、

こちらが期待したことを相手がやれていないと、

「この人は〇〇ができない人」「この人は苦手な人」と

いうようなみかたをします。

つまり、相手に非があるという考え方です。

一方、
うまくいく人がどう考えているかというと、

こちらが期待した通りに相手が動いてくれない時に、

「こちらの言ったことが伝わっていないのだろうな」と
考える傾向があるようです。

家庭の場面に話を戻します。

「ほんと、早く片付けて準備しないと、
 遅刻しちゃうよ」

と、子供にちゃんと伝えたつもりかもしれませんが、

早く

という曖昧な言葉を使っています。

この言葉は、人によってとらえ方が違いますので、
こちらの期待が伝わっていないと考えた方が
よいです。

このような時、

「こちらの言ったことが伝わっていないのだろうな」と考えて

自分が曖昧な言葉を使っていたことに気づき、

「あと、60秒以内に片付けないと遅刻するから、
お願いね」

と伝えます。

そうすると、子供たちも、

「じゃあ、急がないとね」と、
いう事を聞いてくれることが多いです。

会社にあてはめてみますと、

例えば、

「掃除をしっかりとやるように!」

ではなく、

掃除をしっかりとやるとはどういうことなのか?
イメージを共有する必要があります。

たとえば、リッツカールトンホテルの方の掃除を見て、
皆でイメージを共有するなどをしてもよいです。

このように、
社内でイメージを共有したり、
社内で言葉の定義を共有することを、

共通言語マネジメントといい、

そのような研修をさせていただいたことも
あります。

うちの社員(子供)はやる気がない
(うまくいかない人が頭の中で考えていること)

ではなく、

正く伝わっていないだけ。
こちらの期待するイメージが共有できていないだけ。
(うまくいく人が頭の中で考えていること)

そのように考えられると、
相手に非があるのではなく、

自分の伝え方がまだまだ足りていないのだから、
上司として(親として)、もっとレベルアップしないとな。

自分の成長のチャンスにすることが
できそうです。

杉浦

追伸:
知人の板金やの宮田さん
プレゼンのレベルが高すぎてびっくりしています。

人は周りの支援があれば、
どこまででも才能を伸ばすんだなぁと

思わされました。

関連記事

  1. 伸びる社員と伸びにくい社員の違いについて考えたこと

  2. 「人前で緊張する」などの解決できない悩みの解決策 2

  3. 仕事をさぼるあの人

  4. 僕はこの前の土曜日に、商売のセンスが少しアップしたかもしれない …

  5. 愛され上手

  6. 人から応援される人と応援されにくい人の違い

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る