閉じる
閉じる
閉じる
  1. 経営者の価値観と従業員の価値観
  2. トニー・ブザン先生ありがとうございました。
  3. 公園でこんな光景を見てしまった
  4. 子どもの作品展示会から感じたこと
  5. モデリング講座
  6. ベストセラー作家の大岩さんとお茶してきました
  7. 受講生さんへのフィードバック
  8. インプットとアウトプットと・・そして・・・
  9. U理論ワークショップに参加してきます
  10. 社員の能力をひきあげる指導 伊那食品工業の見学より
閉じる

学び続ける大人のためのブログ

経営者として、ぶれない軸を作る方法

おはようございます。
人材育成コンサルタントの杉浦です。

先日、友達と話をしていて、

「経営者の役割って何だろう?」という話に
なりました。

・売り上げをあげること
・集客をすること
・資金繰り
・組織作り
・人材育成
・意思決定

  ・

  ・

  ・

いろいろとあると思いますが、

優先順位をつけると、
上位にあがってくるのが、

ブレない軸を作っていくこと

かなと思っています。

いつも言うことがコロコロと変わったり、
言行不一致では、
人はなかなかついていきません。

こういう人についていると、

不安が起こります。
不安が起こると、人は能力を発揮しにくくなります。

「この仕事やっても、方向性が変わって意味が
 なくなるかもな・・・」

みたいな不安は、僕はあまり好きではありませんし、
仕事に身がっ入りません。

shutterstock_286964324

 ↑
 こんな風にまっすぐに飛んで欲しいものです。

経営者に限らず、家庭内でも同じだと思います。

親として、
一貫性をもった教育をしたいなと常々思っています。

さて、ブレない軸をもった生き方はかっこいいですし、
人がついてきやすいと思うのですが、

ブレない軸って、どのように作るのでしょうか?



・ひたすらノートにやりたいことややるべきことを書き出す
 (僕は2日間くらいかけて、この作業を黙々とやっています)

・コーチングを受ける
 (ビジョンクエストという手法で杉浦がお手伝いできます)

・そういうセミナーに参加する

・大量に行動して大量に人と会うことで見つかってくる

他にも、

いろいろな方法があると思いますが、

一番大切なことは、

ブレない軸をもって経営をしたい

という意思だと思います。

やり方は山ほどありますが、
その一つ一つの山も、登りたい意思がなければ、
登らないですし・・・

そういう意思をもった方と、
今後、一緒に仕事をさせていただけたらと思います。

杉浦

追伸:
いつもブレブレですねと言われ続けて何年も経ちます。

コロコロと気持ちが変わる自分を恥ずかしいと
思い続けながらも、

ノートにひたすら書いたり、行動したり、人と会ったり、
もがき苦しむ中で、

ああ、こんな風に生きたいなっ。

という方向性が見つかって、楽しい日々を過ごしています

関連記事

  1. 学習とは?

  2. 研修に参加した部下に行動変容が起こる研修とは?

  3. 成果を出せるチームとは?

  4. 亀田総合病院の見学の報告

  5. 「対話とは何ですか?」と聞かれたらどう説明すればいいでしょうか?…

  6. 学習する組織勉強会の理念

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

ページ上部へ戻る