閉じる
閉じる
閉じる
  1. 経営者の価値観と従業員の価値観
  2. トニー・ブザン先生ありがとうございました。
  3. 公園でこんな光景を見てしまった
  4. 子どもの作品展示会から感じたこと
  5. モデリング講座
  6. ベストセラー作家の大岩さんとお茶してきました
  7. 受講生さんへのフィードバック
  8. インプットとアウトプットと・・そして・・・
  9. U理論ワークショップに参加してきます
  10. 社員の能力をひきあげる指導 伊那食品工業の見学より
閉じる

学び続ける大人のためのブログ

ダイエットも正しいプロセスを使って行えば簡単になるという話

おはようございます。
【自走する組織の作り方】コンサルタントの
杉浦です。

最近、健康のためにダイエットを
本格的にやりはじめました。

で、
どんどん、痩せていき、
たるんでいたお腹が少しずつ
ひきしまってきました。

きつい努力は一切していません。

洋書

ダイエットの方法はたくさんあり、
悩んでいる方が多いとは思いますが、

ダイエットは簡単だと思っています。

というのは・・・

なんらかの成果を出したいのであれば、

成果を出すための正しいステップを
やっていけば、

必ず成果がでるからです。

これは、仕事でも同じです。

営業の仕方、人脈の作り方、
人材育成の仕方、指導の仕方・・・

●●の仕方はたくさんありますが、

個々のやり方を知る以前に、

【成果を出すための正しいステップ】を

知る必要があります。

逆に、このステップを知らずして、
何かを学んだり、何かを実践するのは、

脳の専門家という立場から言うと、
すごい遠回りをしているように思えます。

正しいステップの全ては
情報量が多すぎてお伝えできませんので、

今回は、ひとつだけお伝えします。

最初のステップは・・・

【現状】を【実感する】ことです。

私たちの脳には忘却という
素晴らしい機能があり、

失敗をすぐに忘れて、
何度も同じ失敗をしてしまいます。

頭ではわかってはいるけれど、

ああ、よくよく考えると、
同じ失敗を繰り返しているな・・・

ということってありませんか?

ついついお菓子を食べてしまったり・・・

なぜ、そのような事が起こるのかといえば、
【現状】を【実感して】いないからです。

例えば、この1週間で、
うまくいかなかったことはありませんか?

それを、ちゃんと覚えていますか?

そして・・・

その悔しさなどを【実感して】いますか?

私たちの脳は、
不快に感じたことを避けようとしますので、

ちゃんと失敗を【実感して】いれば、
次は、繰り返さないように働いてくれます。

なぜなら、
脳にとって、

不快なことは死を意味するからです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

たとえば、ダイエットをしているのに、
たくさんお菓子を食べてしまった時、

「ああ、やっちまったなぁ」と、

しっかりと実感した人は、
次から少しずつ

お菓子を控えることが
できるかもしれませんが、

失敗を実感していない人は
そもそも不快な感情を味わっていませんので、

脳は安心して、

「お菓子、また食べてもいいよ!(死なないよ)

という命令を出しますので、

また食べてしまうのです。

脳科学を使えば(脳の性質をうまく使えば)

ダイエットの成功はそれほど
難しいことではありません。

これは、仕事についても言えます。

人材育成のスピードをあげたいのであれば、
このような正しいステップを

まずは教育して、実践する
必要があります。

杉浦

追伸:
インドに行くために、
英語の勉強を始めることにしました。

もちろん、
成果を出すためのステップを使って、
英語学習をしますので、

1年後には、エーペです。

注:エーペ=英語ぺらぺら

メールマガジンの登録はこちら

関連記事

  1. 子どもが自立していくための極意とは?

  2. インド編 「子育てで一番優先すべきことは何ですか?」 という質問…

  3. 将来を見通す力をつけるには?

  4. 大切なものは目に見えないという風な話

  5. 部下が行動しないたった一つの理由は〇〇だ!

  6. 問題を改善するための手っ取り早い方法とは?

コメント

    • 加藤麻衣子
    • 2017年 1月 23日

    ダイエットの方法と人材育成は似ているんですねー。私もまだまだダイエット継続中です。やってて思ったのは、このプロセスはビジネスの成功にも役に立つってことです。学びました。
    一年後のエーペ、聞いてみたいですね!どんな方法か!私もエーペになりたいです。ありがとうございました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

ページ上部へ戻る