閉じる
閉じる
閉じる
  1. 経営者の価値観と従業員の価値観
  2. トニー・ブザン先生ありがとうございました。
  3. 公園でこんな光景を見てしまった
  4. 子どもの作品展示会から感じたこと
  5. モデリング講座
  6. ベストセラー作家の大岩さんとお茶してきました
  7. 受講生さんへのフィードバック
  8. インプットとアウトプットと・・そして・・・
  9. U理論ワークショップに参加してきます
  10. 社員の能力をひきあげる指導 伊那食品工業の見学より
閉じる

学び続ける大人のためのブログ

ショックを受けた話

こんばんは。

人材育成コンサルタントの杉浦です。

本日、仕事上の悩みをある方に
電話で相談させていただいたのですが・・

 

「それではダメですね」と
ダメな部分をご指摘いただきました。

かなり、ショックでした・・・・

悩む吹き出し

さて、ブログでなぜこのような事を
書いているかというと・・・・

 

本日のテーマは、

自分の弱みや失敗を
見せるべきか見せないべきか?

について、です。

経営者のあなたは、

社員さんにご自身の弱みを見せて
いますか?

「見せない」という方もいれば、

「ほとんど、さらけ出している」

という方もいると思います。

どちらがいい悪いという判断は
難しいと思います。

そして、僕は社員を雇っていませんので、
「杉浦さんは、社員がいないから、
弱みや失敗談ををブログに書けるんでしょ」と
言われるかもしれません。

ただ、
研修やコンサルで、僕も悩んでいることや
過去に数々の失敗をしてきたことを
お伝えすると、

1:距離感が縮まる

「なんか、凄い人だと思っていましたけど、
身近に感じました」と言われます。

2:相手に自信を与えられることもある

僕も失敗してもいいんだと思えました。
最初からうまく行く人はいないですよね。

たいていの場合、このような反応が得られます。

悩んでもOK。
失敗しても(反省して次に生かせば)OK

という雰囲気を作るのであれば、
悩みや失敗談を伝えるのもありかと
思います。

杉浦

関連記事

  1. インド編 「子育てで一番優先すべきことは何ですか?」 という質問…

  2. 片付けができない

  3. 亀田総合病院の見学の報告

  4. 営業センスをあげる方法 ③

  5. 「それはちょっと難しいですね。できないです」という社員さんの話

  6. 愛され上手

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

ページ上部へ戻る